現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2017年4月 > 「ハートフル・シネマサロン」の開催について

更新日:2017年4月19日

「ハートフル・シネマサロン」の開催について

ここから本文です。

記者資料提供(平成29年4月19日)
保健福祉局
総務部人権推進課 影山 水谷
TEL:078-322-5234 内線:3254
E-MAIL:jinken@office.city.kobe.lg.jp

「ハートフル・シネマサロン」の開催について映画「夕凪の街 桜の国」ほか上映

趣旨

憲法週間(5月1日から7日)にあたり、市民のみなさんに憲法の基本理念である「基本的人権の尊重」や、さまざまな人権課題への理解を深めていただくため、人権にかかわりの深い映画を上映します。

日時

平成29年5月10日(水曜)
昼の部 13時30分から16時30分(13時開場)
夜の部 18時30分から21時30分(18時開場)

会場

神戸文化ホール・中ホール(神戸市中央区楠町 4-2-2)

上映作品

下記の2作品

「風の匂い」(34分)※字幕・副音声付き

企画 兵庫県・兵庫県人権啓発協会 平成28年制作
出演 中村 靖日、鳥羽 潤、宮下 順子他

幼い時はお互い「大切な友達」であった主人公の二人の青年の人間関係を描きながら、健常者と障害者という壁。二人の成長と職場での人間模様を通して、社会的な課題でもある『合理的配慮』についても触れる作品。

「夕凪の街 桜の国」(118分)※字幕付き

製作 『夕凪の街 桜の国』製作委員会
監督 佐々部 清 原作 こうの 史代
出演 田中 麗奈、麻生 久美子、堺 正章他

原爆をテーマに、過去と現代に生きる2人の女性の物語を描いたこうの史代の傑作コミックを、「出口のない海」の佐々部清監督が映画化。
原爆投下から13年後の広島に暮らす平野皆実は、被爆体験による深い心の傷を抱えて生きていた。それから半世紀後、皆実の弟・旭は家族に黙って広島へと向かう。娘の七波は父を心配して後を追ううちに、自分のルーツを見つめ直していく。

定員

昼の部・夜の部ともに800名

入場料

無料(事前申込不要。当日先着順入場)

その他

一時保育は行いません。
小さなお子様との入場は可能ですが、他のお客様へのご配慮をお願いします。

お問い合わせ先

神戸市イベント案内・申込センター
受付時間 年中無休 9時~21時
TEL 078-333-3372(さぁ みんなに)
FAX 078-333-3314

主催

神戸人権啓発活動地域ネットワーク協議会
(神戸市、神戸地方法務局、神戸人権擁護委員協議会、神戸市社会福祉協議会)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階