現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2017年4月 > 「食都神戸」実践モデル活動支援事業(平成29年度募集案内)

更新日:2017年4月17日

「食都神戸」実践モデル活動支援事業(平成29年度募集案内)

ここから本文です。

記者資料提供(平成29年4月17日)
経済観光局
農政部農水産課 担当者名 向井・山田
TEL:078-322-0520 内線:3863
E-MAIL:shokuto@office.city.kobe.lg.jp

「食都神戸2020」「食都神戸」実践モデル活動支援事業(平成29年度募集案内)

農漁業の6次産業化や農商工連携など、農漁業の経営スタイルが急速に多様化しているなかで、神戸市内においても、新たな品目の生産や農水産物の加工に取り組む農漁業者、地産地消にこだわりをもつ飲食店、地場産食材による新たな商品開発に取り組む企業など、神戸の農漁業と連携した新たな事業展開が広がりつつあります。
一方、神戸市では、平成27年度から「食都神戸2020」を掲げ、農漁業者や食関連事業者、一般市民が「神戸の農漁業や食」に対する意識を高め、積極的に活用することで、国内外から神戸が新たな食文化の都として注目される街づくりをすすめています。
この「食都神戸2020」に共感し,神戸の風土で育まれた様々な食を活用して、「地産地消の推進」や「世界への神戸ブランドの発信」を目的に、市民や事業者が実施するモデル的な活動を、市としてサポートすることで、神戸の街の活性化につなげていきます。

1.対象事業

  • (1)事業メニュー1
    神戸の新たな特産物づくりや神戸産農水産物を活用した新商品・新サービスの開発
    (例1)日本初となる新たな果物の栽培と加工品の開発など
    (例2)環境教育を取り入れた新たな漁業体験プログラムの実施など
  • (2)事業メニュー2
    神戸の街で新たな「食」の価値の創造につながる先進的な活動
    (例1)地域内の住民と複数の飲食店とで取り組む地域食材を活用した神戸料理の研究など
    (例2)外国人観光客を対象とした地域食材にこだわったメニュー展開など

2.補助率及び補助金額

  • (1)事業メニュー1
    補助対象経費の2分の1以内(1事業あたりの上限金額50万円)
  • (2)事業メニュー2
    補助対象経費の2分の1以内(1事業あたりの上限金額100万円)
    ※上記1、2ともに審査により減額となることもあります。

3.補助対象者および受益者数

  • (1)事業メニュー1
    事業対象者:市内農漁業者、または市内農漁業者と連携する民間事業者等
    ※市内農漁業者とは、市内に居住、または農漁業の拠点を有する農漁業者のこと
    受益者:事業効果が、市内農漁業者3戸以上に対して見込まれること
  • (2)事業メニュー2
    事業対象者:市内に拠点を有する協議会・組合・任意団体等
    ※特定の目的をもって設立された複数の個人・団体をもって構成される組織のこと
    受益者:事業効果が、市内農漁業者および民間事業者10戸(社)以上に対して見込まれること

4、スケジュール(予定)

  • (1)応募 平成29年5月19日(金曜日)まで
  • (2)事業者選考会 平成29年5月下旬
  • (3)事業者決定通知 平成29年6月上旬
  • (4)補助金交付申請 事業者決定後
  • (5)補助金交付決定 交付申請書後、1か月以内
  • (6)事業開始 交付決定後(補助金の概算払いも可)
  • (7)事業実績報告 事業完了後30日以内、または平成30年3月31日のいずれか早い日
  • (8)補助金額の確定 事業実績検査後
  • (9)補助金交付または精算

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階