現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2017年4月 > 平成29年度の「神戸市密集市街地建物除却事業・まちの不燃化促進事業補助」申請受付を開始します!

更新日:2017年4月14日

平成29年度の「神戸市密集市街地建物除却事業・まちの不燃化促進事業補助」申請受付を開始します!

ここから本文です。

記者資料提供(平成29年4月14日)
住宅都市局計画部まち再生推進課 露口、今井
TEL:078-322-6609 内線:4583
E-MAIL:machisaisei@office.city.kobe.lg.jp

平成29年度の「神戸市密集市街地建物除却事業・まちの不燃化促進事業補助」申請受付を開始します!

古い木造住宅が密集し、道路が狭い密集市街地では、防災面や住環境など、様々な課題を抱えています。神戸市では、平成23年3月に「密集市街地再生方針」を策定し、地域のみなさんとの協働と参画により、防災まちづくりの取り組みを進めています。
このたび、地震時などの火災において、広範囲に燃え広がる危険性を解消するため、優先的にまちづくりを進めている密集市街地において、平成29年度の「神戸市密集市街地建物除却事業・まちの不燃化促進事業補助」の申請受付を開始します。

密集市街地建物除却事業

地震時などの火災が広範囲に燃え広がる危険性を解消するため、老朽住宅の解体に対する補助を実施します。

<対象エリア>
灘北西部、兵庫北部、長田南部、東垂水

<事業者>
建物所有者

<補助金額>
老朽住宅の除却に要する費用の額の2/3(上限:戸建て128万円、集合住宅256万円など)

<申請期間>
平成29年4月17日から平成30年1月31日まで(予算が無くなり次第終了します)

<募集件数>
30件(予算の範囲において件数が増減する場合があります)

<主な要件>

  • 除却する建物の所有者全員から同意が得られていること。
  • 除却する建物は、昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅であること。
  • 除却後の敷地に建築する場合は、準耐火建築物以上の耐火性能をもつ建築物とすること。
  • 敷地の所有者全員から上記の誓約書が得られていること。

※詳細は、関連資料をご覧ください。平成29年4月17日新要綱を施行します。

まちの不燃化促進事業

密集市街地において、まちの不燃化を促進するため、耐火建築物、準耐火建築物の住宅の新築に対し、費用の一部を補助します。

<対象エリア>
灘北西部、兵庫北部、長田南部、東垂水

<事業者>
対象住宅の建築主

<補助金額>
1件あたり100万円

<募集期間>
平成29年4月17日から平成29年12月27日まで(予算が無くなり次第終了します)

<募集件数>
30件

<主な要件>
一戸建ての住宅、長屋又は共同住宅で、耐火建築物又は準耐火建築物の新築であること
(規模:地階を除く階数が2以下、延べ面積が40平方メートル以上500平方メートル以下)建築基準法等に基づき耐火建築物又は準耐火建築物としなければならない場合を除く
※詳細は、関連資料をご覧ください。平成29年4月17日新要綱を施行します。

受付窓口

神戸市すまいとまちの安心支援センター(すまいるネット)
TEL 078-222-0186
土曜・日曜・祝日も営業 水曜日定休
営業時間:10時-17時

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階