現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2017年4月 > 『発見!遺跡のどうぶつたち』の開催

更新日:2017年4月13日

『発見!遺跡のどうぶつたち』の開催

ここから本文です。

記者資料提供(平成29年4月13日)
教育委員会事務局社会教育部文化財課埋蔵文化財係 西岡・中村・安田
TEL:078-992-0656
FAX:078-992-5201

神戸市埋蔵文化財センター春季企画展『発見!遺跡のどうぶつたち』の開催

1.内容

古代から現代にいたるまで、あらゆる場面で動物は人と深いつながりをもってきました。
ある時は食べ物として、狩りでとらえられたり、家畜として飼われたり。またある時は働き手として、人や物を運んだり、田畑を耕したり。そしてまたある時には、祈りの対象として銅鐸に描かれたり、埴輪になったり。
この春、埋蔵文化財センターでは、遺跡から出土した様々な動物たちを集めた展示を企画いたしました。
人と動物が関ってきた歴史について、実際に出土した「もの」を通じて、考古学的な側面からアプローチします。そこには現代人と動物の関係とは違った姿も見えてくるでしょう。

2.会期

平成29年4月15日(土曜)~平成29年5月28日(日曜)
〔開館時間〕10時~17時(入館は16時30分まで)

3.会場

神戸市埋蔵文化財センター
〒651-2273 神戸市西区糀台6丁目1 西神中央公園内
TEL078(992)0656 FAX078(992)5201

  • 神戸市営地下鉄「西神中央駅」から南へ徒歩8分

4.休館日

5月15日(月曜)・5月22日(月曜)

5.入館料

無料

6.主催

神戸市教育委員会

7.展覧会の構成と主な出品資料

1.動物を食べる

佃遺跡出土シカ・イノシシ・魚類遺存体
新方遺跡出土シカ・イノシシ・ウシ・イルカ・貝類・魚類遺存体
明石城武家屋敷跡出土イヌ遺存体
骨格標本(ニホンジカ:兵庫県立人と自然の博物館所蔵)

2.動物を描く

桜ヶ丘4・5号銅鐸(レプリカ)
伝香川出土銅鐸(レプリカ)
西求女塚古墳出土青銅鏡
住吉東古墳出土馬形埴輪

3.動物と働く

狩口台きつね塚古墳出土金銅装馬具
小路大町遺跡出土馬鍬
森南町遺跡出土唐鋤身

番外 人と関係の深い動物たち

剥製標本(ニホンジカ・イノシシ・ニホンザル・コウノトリほか:兵庫県立人と自然の博物館所蔵)

8.関連イベント

1.歴史講演会「古代人とどうぶつたち」

平成29年5月13日(土曜)14時~15時30分
講師:神戸市教育委員会文化財課学芸員
場所:神戸市埋蔵文化財センター研修室
(申込不要・当日受付、先着120名まで)

2.学芸員によるバックヤードツアーと展示解説

平成29年4月22日(土曜)・5月20日(土曜)10時30分~11時30分と14時~15時
神戸市埋蔵文化財センターの収蔵庫を始め、普段は公開していない部分を見学できるバックヤードツアーと、企画展の展示解説を行います。
(申込不要・当日受付、先着30名まで)

9.関連ホームページ

神戸市埋蔵文化財センター
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/center/

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階