現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2017年4月 > 土壌汚染対策法第14条第1項に基づく指定の申請による「形質変更時要届出区域」の指定

更新日:2017年4月7日

土壌汚染対策法第14条第1項に基づく指定の申請による「形質変更時要届出区域」の指定

ここから本文です。

記者資料提供(平成29年4月7日)
環境局環境保全部環境保全指導課 植木、田端
TEL:078-322-6420(内線:3629)
E-MAIL:kankyo_sidou_suisitu@office.city.kobe.lg.jp

土壌汚染対策法第14条第1項に基づく指定の申請による「形質変更時要届出区域」の指定<北区山田町小部字東山>

1.概要

北区山田町小部字東山の土地において、土地所有者が実施した自主的な土壌汚染状況調査により、土地の一部でふっ素が土壌の指定基準を超過していたとして、土壌汚染対策法(以下「法」という。)第14条第1項の規定に基づく区域の指定の申請があった。
審査の結果、当該調査は公正かつ法に基づく方法で行われていることが認められた。
当該土地は造成地内にあり一般の人が立ち入る土地ではなく、また、指定基準超過土壌は指定基準適合土壌で覆われており飛散等による土壌の直接摂取のおそれはないこと、周辺で地下水の飲用も確認されていないことから、人の健康に被害が生じるおそれはないと判断し、「形質変更時要届出区域」に指定した。
今後、区域指定した土地の形質変更が行われる際には、周辺環境への影響が生じないよう指導していく。

2.区域指定

(1)指定する区域

北区山田町小部字東山65番1の一部(別図のとおり)

(2)指定の区分

形質変更時要届出区域

(3)指定年月日

平成29年4月7日

(4)指定する特定有害物質

ふっ素及びその化合物

(5)指定の理由

土壌の一部が指定基準を超過したが、健康被害を生ずるおそれがないため「要措置区域」ではなく、法第11条第1項で規定されている「形質変更時要届出区域」に指定した。

3.指定の申請の概要

(1)申請者(土地所有者)

株式会社 フォーシーズンズ

(2)申請者が行った自主的な土壌汚染状況調査結果の概要

  • 調査対象物質
    地歴調査により汚染のおそれがあると判断された特定有害物質2物質(砒素及びその化合物、ふっ素及びその化合物)
  • 土地の地歴調査結果
    調査対象地は、土砂埋立により造成された土地であり、過去に土地利用されたことはない。
  • 過去に造成地盤に関する自主的な調査が行われ、砒素及びふっ素による土壌汚染のおそれがあることを把握している。
  • 土壌の測定結果
    ふっ素及びその化合物の溶出量で最大1.6mg/L(指定基準値0.8mg/Lの2.0倍)
  • 土壌汚染の原因
    土地造成時の土砂埋立に伴う土砂の搬入によるものと考えられる。

(3)指定の申請がされた土地の面積

土壌汚染状況調査の結果、指定基準に適合していないことが確認された100平方メートル。

4.周辺環境への影響について

  • (1)当該土地は一般の人が立ち入る土地ではなく、また、指定基準適合土壌で覆われており飛散等のおそれはないことから、汚染土壌の直接摂取による健康影響のおそれはない。
  • (2)当該土地周辺に飲用井戸が確認されないことから、地下水飲用による健康影響のおそれはない。
  • (3)以上のことから、当該土地の土壌汚染による健康影響のおそれはない。

5.今後の対応

土地の形質変更が行われる際には、周辺環境への影響が生じないよう法に基づき適正に措置するよう指導する。

〈資料1〉用語解説

土壌汚染対策法

土壌汚染による人の健康への影響の懸念や対策の確立への社会的要請が強まったことを受け、土壌汚染の状況の把握に関する措置及びその汚染による人の健康被害の防止に関する措置を定めた法律。(平成14年法律第53号 平成22年4月1日改正法施行)
特定有害物質を使用する特定施設の廃止時の調査、3000平方メートル以上の土地の形質変更時の届出及び調査命令、土壌汚染が判明した場合の措置等を定めている。

土壌汚染対策法第14条第1項の指定の申請

法の調査義務のない土地において行なわれた自主調査結果により、当該土地の土壌が指定基準値を超過していることが思料される場合、土地所有者は当該土地について法に基づく区域の指定を市長に申請することができる。
市長は、自主調査が公正に、かつ法に準じた方法で行なわれたものであると認められる場合、土壌が指定基準値を超過していることが思料される土地を要措置区域又は形質変更時要届出区域に指定することができる。

形質変更時要届出区域

法に基づく調査結果が指定基準値を超過しており、かつ土壌汚染による人の健康被害が生じるおそれがない場合、市長は指定基準値を超過した区域を形質変更時要届出区域として公示することが定められている。形質変更時要届出区域では、届出なく土地の形質変更をすることが制限される。土壌汚染の除去が確認されれば、形質変更時要届出区域の指定を解除される。

要措置区域

法に基づく調査結果が指定基準を超過しており、かつ土壌汚染の摂取経路があり、健康被害が生じるおそれがあるため、汚染の除去等の措置が必要として市長が指定、公示する区域。市長は汚染の除去等の措置を土地所有者に指示し、指定された区域での土地の形質変更が原則禁止される。

ふっ素

淡黄色の気体で反応性が高いため天然には単体として存在せず、種々の元素と結合して広く存在する。主な用途はふっ素系樹脂原料、浸食作用を利用したガラスのつや消しなどがある。
継続的に飲み水によって体内に取り込むと、斑状歯が発生すると報告されている。

〈資料2〉市内の現在の指定区域

要措置区域:0件 形質変更時要届出区域:20件(別表のとおり)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階