現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の広報 > WEB広報 > ごろごろ、神戸2 > ごろごろ、神戸2「第42回 大丸屋上で豚まんを食べるフェス」

更新日:2019年11月1日

ごろごろ、神戸2「第42回 大丸屋上で豚まんを食べるフェス」

ここから本文です。

豚まんを見つめる子どもの様子

世の中にはバーベキューや野外フェスに気軽に誘ってもらえる人間と、決して誘ってもらえない人間の二種類がいる。前者はつまるところ「こいつがいたら楽しいな、役にたつな、いても邪魔にならないな」と人に思われるような存在で、問題は私のような後者の存在だ。酒を飲みはじめると一点を見つめて黙り出すので場は盛り上がらないし、料理には手をつけず、人との関わりを避け、自発的に何かを手伝う事もせず自分だけの世界に耽溺(たんでき)する。書いていてつくづく思ったが、バーベキューやフェスに誘われない人間が、なぜ誘われないか。それは誘うメリットがないからだ。しかし我々は負けない。団体行動が不得手ならば1人でも参加出来るイベントを企画しよう。

先週はいかなごのシンコ漁解禁について書いたが、神戸にはこの時期に解禁される、もうひとつの重大なイベントがある。それは大丸屋上で行われるアウトドア551だ。各線元町駅を降りてすぐの、みんな大好き大丸百貨店の屋上は、特に集客施設があるわけでもなくベンチとテーブルが置かれているだけで、普段はそれほど人がいない。ただ、百貨店屋上はどこでもそうだが都会の真ん中にありながら景色が開放的なので、子連れの人にはなかなかにおすすめ出来る場所なのだ。アウトドア551とは参加者が自ら購入した蓬莱の豚まんをそこで静かに食べるフェスである。いちおう私も大人なので、大丸さんありがとう……と思いながら、ここに来る時には大丸地下一階の食品エリアから何かを買うという遊びのルールを決めている。「アウトドア四興樓」「アウトドア廣林店の野菜まん」だったらなんか悪いやん!

屋外からの景観

すでに書いたが、現地では特別な景色が見られるわけではない。遊園地があるわけでも何か売り場があるわけでもない。つまりここに来てもする事がないので、それが幸いしてか、けっこうすいているのだ。ベビーカーを押して三千里、私はこう見えて「神戸市内、ベビーカーでも気をつかわずにくつろげる場所研究家」なのだ。混んでいる店はしんどい、小さい店はきびしい、人がいなくて広い場所、赤ちゃん泣いても大丈夫、特別なサービスはいらない、贅沢な味もいらない、必要なのは誰にも気をつかわずにすんで気楽にくつろげる、柵があって自転車も車も通らないスペース。つまり大丸百貨店の屋上こそがキドキド元町店なき後の私たちのオアシスである。

豚まんを食べる子どもの様子

子供と向かい合って豚まんを食べながら、私は若い頃から孤独に慣れ親しみすぎてイベント事にまったく呼ばれない人生になってしまったが、きみはどうか多くの友人たちに囲まれてにぎやかな人生を過ごしてほしい、などと勝手な事を考えてしまう。子供よ、もし将来きみが友達100人に囲まれる人生を歩めたとしたら、この記事を読んだ時に私の事をどうしようもないおっさんだったなと思い出して笑ってくれ。もしそうじゃなく、1人ぽつんと過ごすことが多い人生だったらば、この記事を読んで今日のことを思い出し、これはこれでなかなか楽しそうじゃないか、なんてくすっと笑ってくれ。1人で楽しく過ごす方法なら星の数以上に私は喜びを持って伝えられる。アウトドア551の未来はきみに託した。

【ベビーカーで行きたい人のための写真解説】
ベビーカーで会場まで来る場合、海側のエレベーターではなく、山側(トアロード側)のエレベーターを使わないと屋上直結の10階までは上がれません。写真のあたりにベビーカーを置いて「く」の字の階段は歩きです。(ちなみに、別にわざわざ目の前の階段を上がる必要もなくて、このまわりにもたくさん椅子や机が並んでいます)

会場までの階段

ここまで登ってくる人はそれなりにいるけど、私の観察では多くの人が「いちおう来てみたけど、何もない……」みたいな感じですぐに引き返してしまうので、満員になる事はないと思います。

屋外の様子

今日は551と「おこわ米八」(いずれも地下1階)の豚生姜焼き弁当でランチタイム。豚まんとおこわ。メニューはすべて子供の好みで決まる。

豚まんとおこわと豚生姜焼き弁当

ここで身もフタもない話を書きますけど、苦労してフェス会場である10階に行くよりも、8階からみどりの広場に抜ける方がベビーカーだと行きやすい。ここだと山側、海側どちらのエレベーターからもアプローチ出来ます。みどりの広場も良い意味で何もない場所なので、元町に来たついでにここで深呼吸をしたり「ワー!」とか言ってみてください。

広場を走る子ども

文と写真 平民金子

写真を撮ったり文章を書いたりしています。1975年生。東京か大阪かメキシコにいましたが、現在は神戸在住。

神戸市広報課より

エッセイのご感想や神戸市への移住をお考えの方は、下記のお問い合わせ先よりご連絡ください。お待ちしています。

(掲載内容は2018年3月14日現在の情報です)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階