現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の広報 > 広報紙KOBE > 平成30年(2018年) > 広報紙KOBE 2018年(平成30年)9月号の記事一覧 > 広報紙KOBE 2018年(平成30年)9月号2,3面(カッコよくて親しみやすい神戸のジャズ入門)

更新日:2019年11月1日

広報紙KOBE 2018年(平成30年)9月号2,3面(カッコよくて親しみやすい神戸のジャズ入門)

ここから本文です。

皆さんはジャズを聴いたことがありますか。神戸は、日本で初めてジャズバンドが結成・演奏されたことで、ジャズ発祥の地といわれています。今月は、初心者でも楽しめる、神戸ならではのジャズの魅力をお届けします。

ジャズ発祥の地・神戸

開港以来、神戸にはさまざまな西洋文化が花開きました。その一つがジャズ。日本で初めてのジャズバンドが誕生したのは、1923年4月のことでした。同年9月、関東大震災により横浜港が被害を受け、外国船が神戸に集中。これにより、外国船とともにジャズミュージシャンが神戸にやってきて、各地で演奏しました。神戸にはたくさんの外国人が住んでいて、異文化を受け入れる気質があったことなどからジャズが根付きました。

日本で初めてのジャズバンド

宝塚歌劇団オーケストラのバイオリン奏者であった故・井田一郎氏が結成した「ラフィングスターズ」が、日本で初めてのジャズバンドです。このバンドが神戸市内のホテルで演奏したのが、ジャズの始まりだといわれています。

街中にあふれる音色

神戸にジャズが広まると、異国情緒あふれる北野周辺には、ジャズクラブが立ち並びました。現在でも、約20軒のジャズクラブがあります。
また、北野異人館街の北野町広場では、サックスやトランペットを吹くジャズマンの銅像がお出迎え。今にもジャズの音色が聞こえてきそうな雰囲気が漂っています。

今も神戸に息づくジャズの系譜

世界に通ずる神戸のジャズミュージシャン

小曽根真(おぞね まこと)さんをはじめ、世界を舞台に活躍するミュージシャンが神戸から誕生しています。今回はその一人、ジャズトランペッターの広瀬未来(みき)さんにジャズの魅力を聞きました。

ジャズトランペッター 広瀬 未来さん

ジャズはクラシックなど、ほかの音楽に比べて自由度が高い音楽です。「スタンダード」という型があるものの、プレイヤーのアレンジによって、同じ曲でも全く違う演奏になります。これが正解というものはなく、自分の正解を持つことができるのが魅力ですね。
ジャズが盛んな神戸で生まれたからこそ、今の自分があります。神戸でジャズが盛んになったのは、先人が発展に貢献してこられたおかげです。同じように、ジャズという音楽が一人でも多くの人に届くよう貢献していくことが、私の役目だと思っています。神戸が、一層ジャズの音色であふれる街になってほしいですね。

次世代のジャズプレーヤーを育成

神戸は、若手の育成にも力を入れています。その一つが中学生から高校生のメンバーで構成される「神戸ユースジャズオーケストラ」。このオーケストラから、東京の有名なジャズクラブであるブルーノートなど、夢の舞台で演奏するメンバーも誕生しています。

神戸ユースジャズオーケストラ 田辺 紗彩さん

体全体でリズムをとって演奏するので、見ている人にも楽しさが伝わると思います。若い人たちにもジャズを楽しんでほしいです。

気軽に触れてみよう

ジャズクラブ・喫茶は通が集まるような気がして、敷居が高いと思っていませんか。実は誰でも気軽に行けて、ゆったりとした時間を過ごすことができるんです。

神戸を代表する老舗ジャズクラブ

JazzLive & Restaurant (ジャズライブ&レストラン)ソネ  曽根 辰夫さん

ジャズというと夜に聴きに行くイメージを持っていませんか。夜に外出しにくい人や初心者にもジャズを楽しんでもらうために、日曜・祝日のお昼に生演奏をする「昼下がりのジャズライブ」を開催しています。上質なジャズを聴きながら、ゆったりとした時間を過ごせます。生演奏2ステージにドリンク1杯が付いて1,000円で楽しめるので、ぜひ気軽にお越しください。

食事や会話を楽しめるジャズ喫茶

ジャズ喫茶 JamJam(ジャムジャム) 池之上 義人さん

店内は、ジャズを黙ってじっくり聴けるリスニング席と、グループや友達との会話を楽しみながら聴ける会話席に分かれています。5,000枚以上のレコードの中から、私やスタッフが、店内のお客さんの様子を見て選曲しています。ジャズ喫茶というと、大人がお酒を飲みながら聴くというイメージがあると思いますが、ここでは、お茶と自慢のシフォンケーキを食べながら楽しむことができますよ。

JAZZ TOWN KOBE(ジャズ タウン コウベ)

各ジャズスポットで行われるライブスケジュールをホームページで見ることができます

JAZZ TOWN KOBE(外部リンク)

気になるマナー

  • 服装は正装なの?
    一般的に服装の指定(ドレスコード)はありません。でも、デートのときはおしゃれをしてみては
  • 席はどこに座ればいいの?
    音楽を聴きたい人は最前列に、今日はお酒を飲みたいという人は、なるべく後ろの席に座るようにしましょう
  • 会話はしていいの?
    生演奏中は、私語は控えて聴き入りましょう。ライブの休憩中は出演者と話ができる場合もあるので、感想を言ってみては

神戸ジャズストリート

「ジャズの街・神戸」を代表するジャズイベントとして、北野の街に音色が響き渡る2日間。市内はもちろん日本全国からのジャズファンでにぎわいます。

  • 日時 10月6日(土曜)~7日(日曜)12時~17時
  • 場所 三宮・北野町・トアロード周辺のジャズスポットなど9会場
  • 料金
    • 1日券/4,500円(前売4,000円)
    • 両日券/8,500円(前売7,500円)

※街中で行われるパレードは無料で楽しめます
イベントの詳細は 神戸ジャズストリート 検索 または同実行委員会(TEL 080-3864-2011)へ

神戸ジャズストリート(外部リンク)

KOBE JAZZ-PHONIC RADIO(コウベ ジャズフォニック ラジオ)

ジャズの歴史や楽しみ方を、初心者にも分かりやすく伝えるラジオ番組。広瀬さんもパーソナリティを務めています。

放送日時 毎週火曜日 17時55分~20時

ジャズフォニックラジオ(外部リンク)

ようこそ、ジャズの世界へ

初心者には敷居が高いと思われがちなジャズ。しかし、実際に触れてみると、そのかっこよさや親しみやすさが分かること間違いなし。この秋は、ジャズの世界に足を踏み入れてみませんか。

問い合わせ

文化振興財団(TEL351-3597 FAX351-3121)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階