現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の広報 > 広報官(わかる!市政トピックス) > 広報官の『わかる!市政トピックス』(令和元年度/平成31年度) > インターネットで動物と会えるコーナーが人気(令和2年3月13日(金曜))

更新日:2020年3月30日

インターネットで動物と会えるコーナーが人気(令和2年3月13日(金曜))

ここから本文です。

インターネットで動物と会える 「須磨海浜水族園」と「神戸どうぶつ王国」の人気企画

 新型コロナウィルスの感染拡大に伴う臨時休校が、2週目に入りました。

 3月25日まで開園を自粛している「須磨海浜水族園」と19日まで開園を自粛している「神戸どうぶつ王国」では、しばらく会えない動物たちの元気な姿を見てもらおうと、インターネットでの動画配信を始めました。

 「須磨海浜水族園」では、「見たい、気になる生きものがいたら、教えてください」と呼び掛けています。リクエストに答えて、お目当ての生きものの近況を動画や写真でお伝えしますという、ビデオレターが配信されています。皆さんが水族園で撮った、素敵な動画や写真もお送りください。園のキャラクター・ピンキーから、「インターネットで会えることで、みんなで会えない時間を乗り切りましょう」というメッセージが届いています。

スマスイ臨時休園

神戸どうぶつ王国インスタライブ

 また、「神戸どうぶつ王国」では、公式インスタグラムで、動物たちの近況をライブ動画配信しています。期間は、とりあえず3月19日まで。毎日12時30分から約15分程度のライブ動画配信で、動物たちのパフォーマンスショーやアトラクション、餌やりの様子などをライブで配信。スタッフによる解説や普段では見られない動物たちの休園中の様子をお送りします。

 両園では、臨時休園の期間中にお越しいただけないお客さまに向けて、元気な動物たちの姿を見て少しでも楽しんでもらうこと、そして開園したら、動物たちに会いに来てもらうことを願っています。

なお、市内でもう一つの動物たちが大勢いる園、王子動物園は開園しています。感染症拡大防止対策で、3月25日まで屋内施設にいる動物たちには会えませんが、屋外に出ている動物たちには会えます。ぜひ、会いにきてください。水曜日が休園日です。

それぞれ以下のページをご参照ください。

須磨水族園(外部リンク) twitter(外部リンク)

神戸どうぶつ王国(外部リンク) Instagram(外部リンク)

王子動物園(外部リンク)

神戸ならではの資源を活用して、子どもたちの居場所づくりを進めます

 子供の森市内には、森林植物園、須磨離宮公園、神戸総合運動公園、再度公園、平磯海づり公園など、魅力ある大規模公園が多く点在しています。子どもたちが思いっきり身体を動かして楽しめるよう、クイズラリーや自然観察会など、大規模公園ならではの野外プログラムを各園で実施します。いずれも少人数の子ども向けプログラムで、感染防止対策には十分配慮します。

 また、現在、新型コロナウィルス拡大防止のため市内学校が臨時休業となっていますが、長期間屋内に閉じこもっている子どもたち向けに、地域・NPO等が公園や自然環境を活用した、屋外活動や自然体験、ハイキングなどのプログラムを実施しています。

 このような活動を提供している団体に対して、市が新たに助成することで子どもたちの安全な居場所をつくります。3月10日から市のホームページで受け付けを始めています。10人以下で、2時間以上のプログラムが対象。1プログラムの上限は1万円で、参加する子どもの保険料は別途全額助成します。児童遊園

詳しくは、以下のページをご参照ください。

子ども向け屋外プログラムの案内ページ

 

令和2年3月12日
神戸市広報官 林 芳宏

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階