現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の広報 > 広報官(わかる!市政トピックス) > 広報官の『わかる!市政トピックス』(令和元年度/平成31年度) > JR神戸駅から中央市民病院へ 無料バス運行(令和2年2月6日(木曜))

更新日:2020年2月6日

JR神戸駅から中央市民病院へ 無料バス運行(令和2年2月6日(木曜))

ここから本文です。

JR神戸駅から中央市民病院へ 平日朝に無料バスを運行しています

市民病院無料バス 朝のポートライナーが混雑する時間帯に、JR神戸駅からポートアイランドの中央市民病院行きの無料バスを運行しています。

 平日の朝7時30分から9時までの時間帯に10分間隔で運行。渋滞がなければ約20分で病院に到着します。

 ポートライナーの朝ラッシュ混雑緩和対策の社会実験として運行。通常の路線バス車両ではなく、観光バス車両を使用しており、ノンステップバスではありませんが着席数が多く、ゆったりと座って病院通いができます。

 運行は、朝の時間帯のみで、JR神戸駅から中央市民病院への一方向のみです。朝のラッシュ時間帯に中央市民病院に行かれる患者さんや付き添いの方に、少しでも楽な通院を考え、社会実験としてスタートしています。利用者の方が多いと継続実施できますので、ぜひ、ご利用ください。

 

『神戸うわさプロジェクト』発進

うわさの掲出写真2 今回の社会実験をPRするため、中央市民病院とポートライナーの駅には、少し変わったポスターがお目見えしています。

 このポスターは、「神戸うわさプロジェクト」の一環で、市の職員の手作り。変わったポスターで目を引きますね。ちょっとした小ネタをまちのうわさに仕立てて、皆さんのうわさ話になることで、ネタ話をSNSなどで拡散してもらおうという楽しみながらの取り組みです。

 この「うわさプロジェクト」は、青森県八戸市で、山本耕一郎さんが発案。神戸市の職員がそのうわさを聞きつけて、山本さんに協力を仰ぎ、第2弾として神戸市内で挑戦しています。職員約70名がうわさ部に入部し、既に「北神急行」や「市営地下鉄」「空家空地対策」などのPRで発信しています。まちで見かけられた方もおられるのではないでしょうか。

 見かけた方が、TwitterやFaceboook、インスタなどのSNSや、私のようにブログで取り上げたり中には動画を作って説明してくださった方もいらっしゃいます。このポスターは、市内で1,000枚張るのが目標という「うわさ」です。見かけたら、うわさ話にしてください。とかく人は、うわさ話が大好き。メディアが発達しても、うわさが人と人をつなぎ、まちに話が広がり、それでまちが活気づくのは、今の時代も変わりません。

という結論が導き出せるか、こちらは結果が楽しみな社会実験です。

 

令和2年2月6日
神戸市広報官 林 芳宏

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階