現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の広報 > 広報官(わかる!市政トピックス) > 広報官の『わかる!市政トピックス』(令和元年度/平成31年度) > 市民対象の健康アプリ『MY CONDITION KOBE』、市内在勤の方も利用可能に(令和元年12月18日(水曜))

更新日:2019年12月27日

市民対象の健康アプリ『MY CONDITION KOBE』、市内在勤の方も利用可能に(令和元年12月18日(水曜))

ここから本文です。

市民対象の健康アプリ『MY CONDITION KOBE(マイコンディションコウベ)』が、市内企業の社員も利用できるようになります!

神戸市では、無料の健康スマホアプリ『MY CONDITIOマイコンディションこうべロゴN KOBE』を4月から運用し、4,000人の市民にご利用いただいています。

このアプリを活用して、自分の健康情報を一括管理し、AIの適切な健康アドバイスを実践することで、半年で11kgのダイエットに成功(注意:個人差があります)した市民もおられるなど、8割以上の方が効果を実感しています。

このたび、市内で働いている方々からもアプリを利用したいという要望を受け、神戸市内に本社、支社、事業所等を置く企業の社員にも利用資格を拡大することになりました。

 神戸市民はもちろん、神戸で働いている方もこのアプリを使って健康になってもらうことで、「誰もが健康になれるまち」を目指します。

 

自身の健康情報を一括管理。入力した情報に応じて一人一人に最適化した健康アドバイスが届きます

では、MY CONDITIO KOBEとはどのようなアプリか?

マイコンディションこうべ画面まず、アプリを使うことで、ご自身の健康情報を一括管理することができます。健康診断の結果、体脂肪・血圧・血糖値などの身体情報、さらに毎日の食事・運動・睡眠などの生活情報などをまとめて管理することで、ご自身のカラダの変化が一目瞭然!

さらに、ダイエットしたい、筋肉をつけたい、認知症を予防したいなど、ご自身のなりたい自分の姿を登録すれば、毎日の生活習慣に対してAIを活用した健康アドバイスをタイムリーに受け取ることができます。

ほかにも、簡単健康レシピや、自宅で気軽に始められる運動メニューなどの健康コラムが配信されてきたり、素敵な特典と交換できる健康ポイントが貯まったりと、楽しみながら健康づくりに取り組んでいただけます。

 

MY CONDITION KOBEが神戸市企業の健康経営をサポート

社員の健康は会社の資本です。企業が経営的な視点から社員の健康管理に取り組む考え方である「健康経営」。152万人の健康診断イラスト

今回始める、市内企業社員向けの利用は、市が行う健康経営支援の一環でもあります。

まず、企業や健保組合から神戸市に加入を申し込み、社内で利用者を募集していただき、申し込んだ社員がアプリを利用できるという仕組みで、企業は、社員全体の健康状態を確認・分析することができるので、企業として健康経営に役立てることができます。

神戸市で働く人にとっても、企業にとっても、良いことばかり。

 

神戸市では、このアプリを広く活用していただくことで、市民の健康寿命の延伸、健康格差の縮小、さらには健康づくりによる市内経済の活性化を目指しています。

詳しくは、以下のアドレスをご覧ください。

https://mycondition.city.kobe.lg.jp/

 

令和元年12月18日

神戸市広報官 林 芳宏

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階