現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の広報 > 広報官(わかる!市政トピックス) > 広報官の『わかる!市政トピックス』(令和元年度/平成31年度) > 25回目のメモリアル『神戸ルミナリエ』開催 NHKで世界に発信(令和元年12月6日(金曜))

更新日:2019年12月18日

25回目のメモリアル『神戸ルミナリエ』開催 NHKで世界に発信(令和元年12月6日(金曜))

ここから本文です。

50万個の電球が彩る『神戸ルミナリエ』 12月6~15日開催

25回目となる『神戸ルミナリエ』。ruminarie1

阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼し、神戸の希望を象徴する行事として、今年も12月6日から15日まで、旧居留地と東遊園地で開催されます。

今年のテーマは、「希望の光に導かれて、25年」。

旧居留地の仲町通りに第1回目の作品を「メモリアルゾーン」として再現。また、東遊園地には、「まもなく震災から25年『阪神淡路大震災1.17をわすれない』エリア」を設けています。

メイン通りとなる旧居留地・仲町通りは、光の回廊が270m続きます。

入口には、玄関作品「フロントーネ」。高さ22mの巨大な3連の門状で、ここから50mにわたり、光の壁掛け「スパッリエーラ」を配置。明るく鮮やかな回廊作品「ガレリア」が続きます。

東遊園地には、光の聖堂「カッサ・アルモニカ」を大きく包み込む、巨大なドーム作品を初設置しました。ドームに4つの光の尖塔が壁掛けで結ばれ、美しい光の宮殿が出現。どこから撮っても写真映えします。ドーム真下から見上げての撮影がこれまでにない角度です。

さらに東遊園地の南側園地では、藤棚に沿って光の壁掛け「スパッリエーラ」を展開。音楽に合わせて点滅し、光が躍動します。この会場では期間中に、神戸ならではの「食の逸品」を提供し、ジャズやフルートのステージが楽しめる「KOBEディライト・ファウンテン」を開催します。

点灯直後は混雑が予想されます。平日の遅い時間帯がおすすめです。

 

NHKがNHKワールドJAPANとBSプレミアムで放送。『神戸ルミナリエ』が世界に発信されます

この『神戸ルミナリエ』が、NHKの国際サービスであるNHKワールドJAPANで世界に発信され、国内でもBSプレミアムで放送されます。

番組名は、NHKワールドJAPANの英語の音楽番組「J-MELO」。

ruminarie2『神戸ルミナリエ』会場で、番組の司会を担当している歌手の「May J.」さんが,神戸市立高羽小学校の児童39名と一緒に、「しあわせ運べるように」を合唱しました。番組では歌が誕生した経緯とともに紹介されます。

放送は、NHKワールドJAPANでは、令和2年1月6日金曜日午前0時10分から午前0時40分、午前6時10分から午前6時40分、午後12時30分から午後1時、午後6時30分から午後7時までの計4回。「J-MELO」のホームページからも視聴できます。BSプレミアムでは、令和2年1月11日土曜日午前5時30分から6時まで。

今回、NHKでは、神戸の音楽シーンを2回にわたって特集し、世界に発信する予定です。

 

「光る募金箱」でも募金協力を呼びかけ ふるさと納税の応援メニューも

多くの市民、来場さruminarie4れる皆さまに支えられる行事として、継続開催できるよう、会場で「一人100円」募金への協力を呼びかけています。

会場募金で人気を集めているのが「光る募金箱」。今年も神戸大学大学院 塚本・寺田研究室の学生さん達が、先進的な技術を駆使した「光る募金箱」を制作。期間中に、自ら制作した募金箱で協力を呼びかけます。

また、ふるさと納税でも「神戸ルミナリエ開催」を応援いただくメニューを設定し、全国から寄付を募っています。ぜひ、ふるさと納税での寄付もよろしくお願いいたします。

 

令和元年12月6日

神戸市広報官 林 芳宏

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階