更新日:2019年11月1日

『BE KOBE ミライ PROJECT』(平成31年3月29日(金曜))

ここから本文です。

『BE KOBE ミライ PROJECT』

神戸の未来を担う子どもたちを支援『BE KOBE ミライPROJECT』スタート

市では、神戸のまちに愛着と誇りを持っていただく、シビックプライド・メッセージとして、『BE KOBE』を発信しています。『I Love New York』のように、みんなに愛されるメッセージを目指しています。
その実践活動として、『BE KOBE ミライPROJECT』がこのたびスタート。神戸の未来を担う子どもたちを支援するプロジェクトが始まりました。

今後、『BE KOBE』ブランドを活用したオリジナル商品の販売や関連イベントから生まれた収益を「BEKOBEミライ基金」に集め、市内の子どもたちを支援する取り組みを応援していきます。
基金の利用先は、教育や子どもたちの創造性を育む取り組みなどで、公募により決定します。

「神戸のために何かしたい」という皆さんの思いが、このプロジェクトと基金を通して、神戸の子ども支援とまちの活性化につながっていきます。

神戸市内の団体、企業300社の参画を目指します

このプロジェクトは、任意団体『BE KOBE ミライPROJECT』が統括。神戸経済同友会顧問の松田茂樹氏をプロジェクトリーダーに迎え、経営者や研究者、神戸市職員ら約30人が参画し、大吉財団が事務局を担います。
名誉アンバサダーに桂文枝さん、名誉プロジェクトリーダーに久元喜造神戸市長が就任し、スーパーアンバサダーとして水谷修さんや「ヴィッセル神戸」、「INAC神戸レオネッサ」、「はばタン」、兵庫県住みます芸人の「モンスーン」さんが就任。プロジェクトを盛り上げていただきます。

地元企業の皆さまの参画も広く募集しています。いち早く「沢の鶴株式会社」様に賛同いただき、第1号のグッズアンバサダーとして、このたび新発売される『kobe1717』の販売数1本につき10円を基金に寄付いただくことになりました。箱にシールを貼り、箱の中に封入する栞でプロジェクトを紹介、『BE KOBE』や神戸の魅力発信にご協力いただきます。
詳しくは、下記のページをご参照ください。

また、『BE KOBE WAON POINTカード』は、お買い上げいただくと、その一部がプロジェクトに寄付されます。神戸三宮センター街周辺を含む全国のWAON POINT加盟店で利用できます。ほかにも、さまざまな取り組みが始まっています。

既に市内の約40社の団体、企業に協力の意向を示していただいていますが、今後300社の参画を目指します。ぜひ、みんなで盛り上げていきましょう。
もちろん、個人レベルでの参画もできます。寄付に応じて、ピンバッチやステッカーをプレゼントするほか、募金箱の設置、個人アンバサダーなど、楽しみながら社会貢献できる仕組みを展開していきます、
詳しくは、以下のページをご参照ください。

『BE KOBE ミライPROJECT』は、神戸市の市民、企業、行政、大学が連携して行う、持続可能な市民運動として、神戸地域全体で神戸の子どもたちを支える仕組みに大きく育ってほしいものです。

平成31年3月29日
神戸市広報官 林 芳宏

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階