現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の広報 > 広報官(わかる!市政トピックス) > 広報官の『わかる!市政トピックス』(平成30年度) > 過去最多51万個のLED電球が彩る『神戸ルミナリエ』 (平成30年12月7日(金曜))

更新日:2019年11月1日

過去最多51万個のLED電球が彩る『神戸ルミナリエ』 (平成30年12月7日(金曜))

ここから本文です。

過去最多51万個のLED電球が彩る『神戸ルミナリエ』

過去最多となるLED電球51万個が彩る『神戸ルミナリエ』 12月7日から16日まで開催

阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼する『神戸ルミナリエ』。神戸の希望を象徴する行事として、今年も12月7日から16日まで、旧居留地と東遊園地で開催されます。

今年のテーマは、「共に創ろう、新しい幸せの光を」。過去最多となる約51万個のLED電球が、神戸の夜空を彩ります。
入り口から52メートル続く天井作品、東遊園地の壮大な光の壁掛けと聖堂、噴水広場の円形状の「夢のメリーゴーランド」など、今年の見どころを写真で紹介します。点灯直後は混雑が予想されます。平日の遅い時間帯がおすすめです。ぜひお越しください。

神戸ルミナリエ1

神戸ルミナリエ2

入口から続く3重の丸天井は圧巻 東遊園地には4本の塔と聖堂が芝生広場を包みます

メイン通りとなる旧居留地・仲町通りは、浪花町筋交差点がスタート地点。光の回廊が270メートル続きます。入口には、大聖堂のエントランスのような玄関作品「フロントーネ」が輝き、それに続いて天井作品「ガレリア・コベルタ」が出現します。52メートルにも及ぶ3重の丸天井は、今年のハイライト。側面にも装飾を施し、壮大な回廊が輝きます。

仲町通りを通り抜けた東遊園地には、4本の塔を有する光の壁掛け「スパッリエーラ」と光の聖堂「カッサ・アルモニカ」が芝生広場を包み込むように設置されています。塔と壁掛けを組み合わせた壮大な作品は、20メートルの高さがあり、壮大なルミナリエが実現しました。こちらも圧巻です。
また、この東遊園地内には、兵庫県政150年とラグビー・ワールドカップを記念した作品も設置され、光に包まれた空間が続きます。

さらに、東遊園地南側の噴水広場には、円形状の「スパッリエーラ」が出現。音楽に合わせて光が躍動し、夢のような楽しい会場を演出。そして、その周りに神戸・兵庫の地元企業14社による至極のグルメ饗宴が実現しました。ルミナリエ会場のみで味わえるオリジナル商品など、自慢の逸品が集結していますので、神戸のグルメがここで楽しめます。

神戸ルミナリエ3

神戸ルミナリエ4

神戸ルミナリエ5

神戸ルミナリエ6

11個の「光る募金箱」でも募金協力を呼びかけ ふるさと納税の応援メニューも

多くの市民や来場される皆さまに支えられる行事として、今後も継続開催できるよう、会場で「一人100円」募金への協力を呼びかけています。
会場募金で人気を集めているのが「光る募金箱」。今年も神戸大学・大学院 塚本・寺田研究室と神戸芸術工科大学 見明暢研究室の学生さん達が、最新鋭の技術を駆使した「光る募金箱」を制作。期間中に、自ら制作した11個の募金箱で協力を呼びかけます。

なお、ふるさと納税でも「神戸ルミナリエ開催」を応援いただくメニューを設定し、全国から寄付を募っています。会場の帰り道になる、市役所前の地下通路では、ふるさと納税を呼びかける巨大パネルを設置。ぜひ、ふるさと納税を使った寄付もよろしくお願いいたします。

募金協力の呼びかけの様子1

募金協力の呼びかけの様子2

平成30年12月7日
神戸市広報官 林 芳宏

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階