現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の広報 > 広報官(わかる!市政トピックス) > 広報官の『わかる!市政トピックス』(平成30年度) > すまいの耐震キャンペーンを実施 (平成30年8月31日(金曜))

更新日:2019年11月1日

すまいの耐震キャンペーンを実施 (平成30年8月31日(金曜))

ここから本文です。

すまいの耐震キャンペーンを実施

神戸市すまいの耐震キャンペーンを実施 ~強いすまいが命とくらしを守ります!~

9月1日は、「防災の日」です。
市内でも自然災害に備える日として、多くの関連行事が開催されます。その中から、今回は「すまいの耐震キャンペーン」を紹介します。

関西では6月18日に大阪北部地震があり、ブロック塀の倒壊で人的被害が発生したため、建物や建造物の耐震性に関心が集まっています。さらに、近い将来発生が予想される南海トラフ地震は、今後30年以内に70%の確率で発生すると言われており、地震の備えには待ったなしの状況です。

市内の住宅の耐震化率は91%(平成25年総務省住宅土地統計調査)。このときの全国平均は82%で、神戸市は9ポイントも高く、住宅の耐震化が進んでいる都市といえます。
ただ、この数字は、阪神・淡路大震災で12万棟を超える建物が全壊や半壊となり、建て直しが進んだためで、震災被害を免れた地域では、多くの住宅で耐震化が進んでいません。
阪神・淡路大震災では、瞬時に住宅が倒壊し、その下敷きになり亡くなられた方が約9割を占めました。強いすまいが命を守ります。

自宅の耐震化を進めるうえで、市の支援制度を活用してください。耐震改修で最大157万円の補助があります。
家全体を強くするには多額の修理費がかかるため、思い切った改修ができない方もおられると思いますが、部分的な改修という手もあります。瞬時に倒壊に至らない程度の改修、寝室だけなど1室を補強する工事やベット回りだけの補強でも補助制度があります。

神戸市耐震キャラクターオキールファミリー

9月1日にオープニングイベントを実施

「わが家の耐震化お役立ちBOOK」の表紙こういった制度を紹介するため、キャンペーンでは、5つの事業を実施します。
9月1日13時30分からは、オープニングイベントをさんちか夢広場で開催します。市と県、フェニックス共済、県警、県建築士事務所協会神戸支部が合同で行い、「オキールはかせ」「はばタン」「フラワープリンセスひょうご2018」「こうへいくん」といったキャラクターも勢揃いします。

また、9月29日と30日には、大阪南港アジア太平洋トレードセンター(ATC)で開催される「リノベーションEXPO関西」に出展するほか、地域での「耐震改修オープンハウス」の実施、「住まいのなんでも相談会」や「街頭住宅修繕相談」の開催、啓発冊子「わが家の耐震化お役立ちBOOK」の配布などのキャンペーンを行います。詳しくは、下記のホームページをご参照ください。

平成30年8月31日
神戸市広報官 林 芳宏

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階