現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の広報 > 広報官(わかる!市政トピックス) > 広報官の『わかる!市政トピックス』(平成30年度) > 須磨ヨットハーバーに人気カフェ&ダイニングがオープン (平成30年6月29日(金曜))

更新日:2019年11月1日

須磨ヨットハーバーに人気カフェ&ダイニングがオープン (平成30年6月29日(金曜))

ここから本文です。

須磨ヨットハーバーに人気カフェ&ダイニングがオープン

須磨ヨットハーバーに人気カフェ&ダイニング「ノースショア」がオープン

ノースショア1須磨海岸は、阪神間で唯一の自然海岸として、市民や観光客に親しまれています。昨年には、砂浜の遠浅化工事が行われ、今後も、水族園のリニューアルなどさまざまな事業が展開される、注目のエリアです。

ノースショア27月4日、この海岸に隣接する須磨ヨットハーバー内に、人気カフェ&ダイニング「ノースショア」がオープンすることになりました。
須磨海岸から明石海峡大橋までを眺めながら、開放的な空間で、人気のレストランの食事が楽しめる新スポットが誕生します。

須磨ヨットハーバー管理棟の4階と3階展望テラスを改装し、オープンします。特に、展望テラスの空間は開放感があり、この3階テラス席のみ、水着での利用、バーベキューの利用も受け付けます。3階、4階とも70席。営業は、8時から23時です。
6月11日から4階のみプレオープンしており、プレオープン期間は、8時から21時の営業です。

ノースショア3お店は、関西を中心に10店舗の事業展開をしている「ノースショア」ブランド、「ノースショア 須磨ヨットハーバー店」。市内では、ハーバーランド煉瓦倉庫、阪急岡本駅前に次いで3店目になります。
「ノースショア」は、F1層といわれる20~34歳の女性層などをターゲットに、インスタ映えするお店づくりやヘルシー志向の新鮮なメニューが特徴。
サンドイッチやランチプレート、パンケーキ、アサイーボウルなどのメニューが人気で、ランチ1,500円前後、ディナー3,000円前後で提供。地域のニーズに合わせ、お子様メニューなども用意していきます。

ノースショア4今回の店舗展開は、ヨットハーバーの施設を管理する指定管理者自らが投資・運営して、須磨海岸の魅力、にぎわいづくりに貢献する取り組みです。
指定管理者である、一般社団法人神戸港振興協会と(株)ヤマハ藤田の共同事業体では、「マリンアカデミー」創設し、6月30日には海藻おしば教室やボート体験を開催するなど、今後さまざまな海に親しむプログラムを企画し、須磨海岸エリアの活性化につながる取り組みを積極的に展開していくとのことです。今回の人気カフェ&ダイニングのオープンも、採算を度外視した地域貢献策として、期待を集めています。

広報官平成30年6月29日
神戸市広報官 林 芳宏

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階