現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の広報 > 広報官(わかる!市政トピックス) > 広報官の『わかる!市政トピックス』(平成30年度) > 介護タクシーの検索・予約は、配車アプリ「さぽのる」が便利 (平成30年6月1日(金曜))

更新日:2019年11月1日

介護タクシーの検索・予約は、配車アプリ「さぽのる」が便利 (平成30年6月1日(金曜))

ここから本文です。

介護タクシーの検索・予約は、配車アプリ「さぽのる」が便利

利用者用さぽのるqr
事業者用さぽのるqr

介護タクシーの検索・予約ができる配車アプリ「さぽのる」の実証実験がスタート

神戸市では、介護タクシーなどの配車サービスを手軽に検索・予約できる、スマートフォンアプリ「さぽのる」を民間IT企業と共同開発し、実証実験をスタートさせました。
アプリは無料でダウンロードでき、画面の地図に呼び出し先と目的地を入力すれば、料金、搬送業者が一覧で表示されます。車イス、ストレッチャーなどのオプションも選べ、日時指定の予約はもちろん、すぐ呼ぶことも可能です。

対象地域は、東灘区、灘区、垂水区と西区。介護タクシーや福祉タクシー、民間救急車などの配車サービスを利用したい市民の方なら、どなたでもお使いいただけます。また、民間搬送サービス事業者の皆さんにも、サービスの提供者として広く登録を呼びかけています。

このアプリを利用される方が増えることで、民間搬送サービスが使いやすくなり、さらに広く普及することがねらいです。

実証実験は6月30日まで。利用者と事業者の双方からご意見をいただき、利用データを分析し、より使いやすいアプリに改修して、対象地域を広げるなどサービスの本格実施と拡充に努めます。

さぽのるアプリ

さぽのるアプリの説明

介護タクシー

地域課題を市とスタートアップ起業がIT技術で解決 Urban Innovation KOBE事業が取り組んでいます

今回の実証実験は、地域課題を神戸市とスタートアップ企業がITを活用して解決に取り組む、Urban Innovation KOBE(アーバン イノベーション コウベ)事業として開発されました。
今ある地域課題を神戸から解決していく取り組みも、様々な分野でスタートしています。

今回、開発に参画した神戸市消防局では、このアプリ開発で民間搬送サービスの普及が進むことに期待を寄せています。
というのも、今後高齢化が進展する社会では,さらに救急車要請は増えると考えられており,緊急度が低いときには救急車以外の手段で病院に行けるよう、民間の搬送サービスの利用を拡大させたいと考えたからです。市民アンケートでも、救急車の要請理由として「自分で歩くことができない」(38.9%)、「病院に連れて行ってくれる人がいない」(3.9%)といった回答があり、移動が困難な方に対する何らかの手段が必要であることがわかります。さらにアンケートでは、28%の方が民間搬送サービス事業を推進する施策が必要と回答しています。今回の取組みが具体的な解決につながることが期待されます。

なお、神戸市では、昨年10月に救急安心センターこうべ(♯7119)を開設し、119番通報を行うか迷った方が、緊急搬送の必要性や病院に行くタイミング等のアドバイスが受けられるサービスを始め、多くの方に利用いただいています。

今回さらに、民間搬送サービスを簡単に検索・予約できるアプリにより安心センターでアドバイスを受けた方にも、救急車に頼らない通院手段が広く提供されることが期待されています。

「さぽのる」の実証実験に参加したい方は、以下のページをご参照ください。介護タクシーなどを利用したい方、ケアマネージャーなど福祉関係者、民間搬送サービス事業者など、多くの方の登録をお待ちしていています。

民間搬送サービス事業者アプリ「さぽのる」実証実験を開始!

広報官平成30年6月1日
神戸市広報官 林 芳宏

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階