現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年11月 > 自治体初の「フリーランスパートナーシップアワード大賞」受賞!~市役所内で40名!副業・兼業人材活用推進が評価され一般投票で選出!~

更新日:2021年11月5日

自治体初の「フリーランスパートナーシップアワード大賞」受賞!~市役所内で40名!副業・兼業人材活用推進が評価され一般投票で選出!~

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年11月5日)
 神戸市では、これまでも積極的に外部人材の登用を行ってきました。昨年度は、市内企業への副業・兼業人材活用推進を進める中で、副業・兼業人材の活用に大きな可能性を感じ、秋からは市役所内での副業・兼業人材活用もスタートし、年度中に40名の副業・兼業人材の方を登用させていただきました。
 これらの取り組みを評価いただき、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会(東京都中央区、代表理事:平田麻莉、以下「フリーランス協会」)が主催した「フリーランスパートナーシップアワード2021」の活用企業部門において、大賞を受賞しました。

 神戸市では市内中小企業の事業推進および関係人口拡大を目的として、今年度も引き続き市内企業への副業・兼業人材活用推進も進めております。今回の大賞受賞を糧に、市役所内外で更なる副業・兼業人材活用推進を行っていければと考えています。

フリーランス大賞

1.神戸市の副業・兼業人材活用事例

広報戦略部

 ・SNS記事作成、写真・動画の撮影や編集
 ・HPモニタリング

首都圏プロモーションチーム

 ・移住に関する市場調査
 ・データに基づく移住施策検討

 (参考)大賞授賞式資料(PPT:2,464KB)

フリーランスパートナーシップアワード大賞受賞者決定リリース(外部リンク)

神戸市事例インタビューはこちら(外部リンク)

【一般投票コメント(抜粋)】

・自治体での副業に可能性と先進性を感じます。民間企業経験者の力を活用する良い事例が、日本全国の活性化に繋がればいいなと思います。
・行政が積極的に副業・兼業人材活用に取り組むことは民間への大きなアピールにもなりますし、他の自治体へも良い影響を与えるものと思っています!
・自治体が副業人材を広く活用することで個人の働き方の選択肢が広がってくる意味でも価値のあるものだと思います。
・コロナ禍でフリーランスの収入が減るなかで、自治体が副業人材としてフリーランスを活用することが素晴らしい。


2.フリーランスパートナーシップアワードとは

フリーランス協会により、フリーランスおよびフリーランス活用企業の更なる成長・活躍と、マッチングサービス業界の健全な発展を目的に開催される。
未来に繋がるよい事例を一般WEB投票で選び、最も得票数の多かったファイナリストをアワード大賞として表彰。

 

3.神戸市の副業・兼業人材活用推進の取り組み

1.市内企業への副業・兼業人材活用推進

副業・兼業人材の活用の相談窓口「求人ステーションKOBE」を開設するとともに、セミナーの開催や、市内金融機関との連携によるフォロー体制の充実等を通じて、市内中小企業の成長を支援。
「神戸市が副業・兼業人材活用の相談窓口「求人ステーションKOBE」を開設~副業・兼業人材活用の専門家が市内中小企業に「助っ人」紹介~」
https://www.city.kobe.lg.jp/a14333/business/sangyoshinko/shokogyo/venture/newindustry/press/058092562991.html

2.ワーケーション×副業・兼業人材活用実証事業

ワーケーションに副業・兼業を加えた実証事業を実施。関係人口の創出・拡大に資する神戸独自のワーケーションスタイルの構築を行うと同時に、神戸市の新たな魅力を発信。
「神戸独自のワーケーションスタイル」で関係人口を創出!-神戸の魅力を感じる多様な副業・兼業のご提案」
https://www.city.kobe.lg.jp/a47946/press/20211013.html

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部  

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階