現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年6月 > 「持続化給付金」神戸市申請サポート窓口の啓発~大学生等とともに街頭キャンペーンを実施~

更新日:2020年6月18日

「持続化給付金」神戸市申請サポート窓口の啓発~大学生等とともに街頭キャンペーンを実施~

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年6月18日)

趣旨

新型コロナウイルス感染症対策に伴う国の「持続化給付金」は、神戸市内の中小企業・個人事業主の皆さまにとって有効な制度と考えています。
この制度は電子申請による受付のみとなっており、パソコン操作に不慣れな方にとって制度利用のハードルとなっていることなどを踏まえ、神戸市では、申請方法を分かりやすくご説明しパソコン入力をお手伝いする申請サポート窓口を設置しています。
窓口では、自力で入力していてエラーが発生し困っていた方が、その原因が分かり申請を完了できたなど、ご利用いただいた事業者の皆さまから好評をいただいています。
この度、この「持続化給付金」神戸市申請サポート窓口の更なる利用促進を図り、多くの方に申請していただけるよう、下記のとおり街頭キャンペーンを実施します。このキャンペーンの実施に当たっては、新型コロナウイルスの影響で経済的に苦境にある大学生等に啓発スタッフとして参加していただきます。

街頭キャンペーンの概要

(1)実施内容
大学生等を中心とした啓発スタッフが、職員とともに商店街等の店舗をまわりながら、啓発チラシとマスクを配布して、中小企業や個人事業主の皆様に向けて国の「持続化給付金」について周知を図り、区役所内に設置したサポート窓口の利用を呼びかけます。

(2)実施日
令和2年6月19日(金曜)~6月25日(木曜)のうち5日間

(3)実施場所
市内の商店街など約20か所
※実施初日(6月19日(金曜))は、大安亭市場(中央区)・東山商店街(兵庫区)・湊川商店街(兵庫区)・新開地商店街(兵庫区)を予定

(4)啓発チラシデザイン(一部)
jizokukakyuuhukin

持続化給付金神戸市申請サポート窓口の概要

・市内の中小法人等・個人事業主を対象として、国の持続化給付金の電子申請にあたり、パソコンの操作に不安がある方をサポートする窓口です。
・兵庫県行政書士会神戸支部・明石支部のご協力のもと開設しています。
・6月9日(火曜)から各区役所・北須磨支所・西神中央出張所において開設しています。(平日9時から17時)
・前日までに電話予約が必要です。(予約専用ダイヤル:078-984-0132(平日9時から17時))

【サポート事例】

①電子申請の入力中に発生したエラーの原因が分かり、申請を完了できた。
②事業収入金額の記入方法が分からなかったが、職員の説明を受けて窓口で申請を完了した。
③必要な添付書類が分からなかったが、資料の不備・不足が明確になった。
④持続化給付金そのものをよく分からない方が、制度や手続きの説明を受け、申請を完了できた。

【参考:持続化給付金について】

・持続化給付金とは、営業自粛等により特に大きな影響を受けた事業者が、事業の継続を支え、再起の糧として事業全般に広く使える国の給付金です。
・申請は国への電子申請のみです。
・新型コロナウイルス感染症の影響で、売上が前年同月と比較して50%以上減少している事業者が対象です(一部対象外の業種があります)。
・中小法人等には200万円、フリーランスを含む個人事業者には100万円を上限に支給されます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部  

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階