市民のみなさまへ(市長メッセージ)

ここから本文です。

 「改正新型インフルエンザ等対策特別措置法」(以下、「法」という。)に基づく政府の「緊急事態宣言」について昨日、緊急事態措置を実施すべき区域が変更されましたが、兵庫県については、引き続き、「特定警戒都道府県」として5月31日までの間、対象区域とされています。
 本市における感染状況を見ると、5月以降、新規感染者数(確定日別)が数名にとどまっているほか、その感染経路についても判明しています。これまでの市民・事業者のみなさまの外出自粛の取り組みによるものであり、改めて感謝申し上げます。
 感染の再拡大を防ぐためにも、気を緩めることなく、これまでの感染拡大防止のための取組みの継続につきまして、ご協力をお願いするとともに、対策が⾧く続くことによる生活・健康等への影響も踏まえ、市民のみなさま健康的な生活を維持するための対応も必要であると考えています。
 このため、政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針及び兵庫県の「新型コロナウイルス感染症に係る兵庫県対処方針」が変更されたことを踏まえ、本市として当面、以下の対応を図ってまいります。

一 引き続き、気を緩めることなく、不要不急の外出自粛の徹底をお願いします。事業者の皆さんにおかれましても、平日の接触機会の削減に向けて、職場の出勤について、更なる在宅勤務やローテーション勤務などの推進に協力をお願いします。

市立学校園については、休業期間が⾧期化していることから、感染防止対策を徹底した上で、登校可能日を設定し、希望する児童生徒にたいし、学習状況等の確認や学習指導を行うとともに、生活状況等の把握や相談体制の確保に努めてまいります。

市立図書館、博物館、各区の文化センター、地域福祉センター等の貸会議室など、開館する施設については、感染防止に十分な措置を講じたうえで、利用の再開を進めてまいります。

有料都市公園等について、順次開園していくほか、屋外運動施設についても、順次再開を進めてまいります。

補正予算の迅速な執行を行うとともに、休業要請事業者経営継続支援事業を県市協調で行うほか、市民への特別定額給付金の給付について迅速に行ってまいります。

患者、感染者、その家族や治療に携わった方々等の人権に配慮し、誹謗中傷を決して許すことなく、こうした事態が生じないよう適切に取り組んでまいります。

 引き続き気を緩めることなく、感染拡大の防止の取組みについて、ご協力をお願いいたします。

 

 令和2年5月15日

市長署名

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314