市民のみなさまへ(市長メッセージ)

ここから本文です。

 新型コロナウイルスにより民間事業者の皆さまは、大きな困難に立ち向かっておられることと思います。
 緊急事態宣言が、5月の終わりまで延長されることになりました。民間事業者の皆さまのご苦労はさらに続くことになります。とりわけ、お店を借りて営業しておられるテナントの皆さまは、家賃の負担に苦しんでおられることと承知しています。
 神戸市として何かできることはないのか、今回、新たな家賃助成制度をつくることにしました。
 この家賃助成制度は、オーナーの皆さまが、4月分・5月分の家賃を半分以上減額していただいた場合に、神戸市がその8割を補填するというものです。オーナーの皆さまには、是非この制度を使っていただき、テナントの皆さまへの家賃の減額をお願い申し上げたいと思います。
 そしてテナントの皆さまには、今回のこの神戸市の家賃助成制度をひとつの材料として、オーナーの皆さまとの家賃の減額交渉にのぞんでいただいければと思います。
 テナントの皆さま、オーナーの皆さま、そして行政が負担と痛みを分かち合い、いま目の前にある危機を一緒に乗り越えていければと思います。

 国においては、新たな家賃助成に対する検討も始まっています。国の持続化給付金については、申請手続きも始まっています。兵庫県の休業要請に対する協力金については、兵庫県と神戸市がまもなく手続きをスタートさせます。さまざまな融資制度、国民に一律10万円支給される特別定額給付金については、神戸市は大都市の中で、最も早く支給できるように全力で取り組みます。
 様々な支援制度を上手に使っていただいて、この危機を乗り切っていただきたいと願っています。

 いま、神戸は阪神・淡路大震災以来、最大の危機にあります。あの震災の危機を、神戸は市民、企業そして行政が手を携えながら、乗り切ることができました。今回の危機もきっと私たちが、手を携え、そして困難に果敢に挑戦をしていけば、きっと克服することができると信じます。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 令和2年5月7日

市長署名

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314