更新日:2020年10月16日

こうべソーシャルマガジン「まちのね」Vol.6 (2/5)

ここから本文です。

目次

 
1.活動人めぐり!広場をみんなで育てよう

まちのねVol.6表紙

2.withコロナ時代のまちづくり協議会
3.オンライン会議を導入するには?
4.withコロナの時代に工夫して地域活動を支える人たち

5.自治会・地域団体向けお役立ち情報

→PDFデータ(全ページ)のダウンロードはこちらから
【まちのねVol.6】(PDF:4,242KB)

2.withコロナ時代のまちづくり協議会
 WEBも活動の場に

これまで通りの活動が難しい今、WEBを活用した地域活動に取り組んでいる協議会をご紹介します。

【東灘区 深江地区まちづくり協議会】
 オンラインで新しいイベントの形を

深江地区まちづくり協議会 会長 田中 康さん
P3_1

今年度に企画していた2つのイベント「大敬老会」と「ふかえ~な祭り」を開催するかどうか話し合う必要があり、メンバーからの提案で4月にオンライン会議を行いました。結果として2つのイベントは中止することになったのですが、オンライン会議を経験したことで新しい発想が生まれ、これらのイベントもWEB開催にできないかという意見が出てきました。「大敬老会」は新聞のような紙媒体も併用して年配の方の趣味の発表の場として、「ふかえ~な祭り」は子どもたちの部活動の成果や生活シーンのひとコマを紹介する場として、それぞれ動画を作成し、WEBサイトやYouTubeで公開することを考えています。
今後も形にとらわれず、時々の状況に合った活動を展開していきたいですね。

P3_2

神戸深江つながり手帖(外部リンク)
(深江地区まちづくり協議会WEBサイト)

【東灘区 本山北町まちづくり協議会】
 
WEBでの広報をより充実させる試み

本山北町まちづくり協議会 広報担当 武田 厚夫さん
P3_3

本山北町まちづくり協議会ができた当初は、広報のツールがニュースレターだけでしたが幅広い層により素早く発信するため、後にブログを開設しました。現在ではFacebook、Instagram、Twitterでも情報を発信しています。緊急事態宣言の時期は、ブログを充実させようと多くの記事を投稿しました。記事の内容は、まちの話題や協議会活動に関することだけにしていました。テレビや新聞が新型コロナウイルスの話題ばかりだったので、ブログを見ている間はコロナのことを考えずに済むようにという気持ちからです。
今後は、これからのまちを担う若い世代や学生にも協議会活動を知ってもらうため、WEBサイトを中心として、各種SNSの特性に合った効果的な広報の方法を考えていきます。

P3_4

本山北町まちづくりWebsite(外部リンク)
(本山北町まちづくり協議会WEBサイト)


≪1/5ページへ (2/5) 3/5ページ目へ≫

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階