現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年3月 > 学校臨時休業中における子どもの安全な居場所確保のための屋外活動に対し助成金を交付します

更新日:2020年3月5日

学校臨時休業中における子どもの安全な居場所確保のための屋外活動に対し助成金を交付します

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年3月5日)

 新型コロナウイルス感染症の集団感染防止に伴う学校臨時休業の期間中、子どもたちは安全のため家庭や学童保育で生活をしています。しかし、一方で学童保育による過密な環境や、長期間家庭に閉じこもることから生じるストレスが心配されており、市では、感染拡大に十分配慮したうえで、市内の子どもに、屋外で過ごせる環境を提供することが必要と考えています。
 そこで、地域住民や団体による、少人数で身体接触を伴わない自然体験などの「子ども向け屋外プログラム」を募集し、活動助成を行います。

1.助成対象期間

令和2年3月10日(火曜日)~同年3月31日(火曜日)までのうち、市立学校の臨時休業期間及びこれに準じる措置が講じられている期間

2.助成対象団体

(1) 2人以上からなる地域住民グループ
(2) 子どもの健全育成等の事業を行うNPO法人等

3.対象活動

新型コロナウイルス感染症の集団感染防止に伴う学校臨時休業の期間中、密集した空間で過ごす市内の学童児童及びその他の市内の子どもに対し、近隣の公園や自然環境を活用した、少人数で身体接触を伴わない自然体験などの「子ども向け屋外プログラム」を実施する活動。
(参加する子どもの人数は1プログラムあたり2~10人までとします。)

4.助成額

・ 午前に2時間以上、午後に2時間以上の活動をそれぞれ1コマのプログラムとし、1プログラムあたり10,000円を上限に助成します。
・ 1団体あたりの助成額の上限はありません。
・ 参加する子どもにかかる保険料は、別途、実費を全額助成します。(市指定の保険に加入していただきます。)

5.助成対象経費

人件費、交通費、材料費等の消耗品費、参加する子ども及び活動スタッフにかかる保険料

6.申請受付期間

令和2年3月10日(火曜日)~同年3月31日(火曜日)までのうち、市立学校の臨時休業期間及びこれに準じる措置が終了するまで。

7.想定する活動例

・ 近隣の自然観察、ハイキング、自然体験
・  バドミントンなど身体接触のない軽スポーツ
・  こま回し、竹細工など昔の遊び
・  近隣の花壇づくり 等

8.募集案内

令和2年3月10日(火曜日)から本市ホームページ「協働と参画」推進助成のページにて案内開始します。
URL:https://www.city.kobe.lg.jp/a56164/kurashi/activate/support/npo/suishinjose.html

9.その他

・ 食事の支給は行いません。(原則、自宅に帰宅していただくか、弁当持参とします。)
・ 子どもの保険加入は必須とします。
・ 学童保育、学校と連携することができれば学校校庭の使用も可とします。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階