ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年1月 > 都心三宮における新たなモビリティ活用に向けた実証実験の実施について~ウォーカブルなまちの実現に向けて~

最終更新日:2022年1月21日

都心三宮における新たなモビリティ活用に向けた実証実験の実施について~ウォーカブルなまちの実現に向けて~

ここから本文です。

連名ロゴ

記者資料提供(令和4年1月21日)

 神戸市、関西電力株式会社(以下、関西電力)及びゲキダンイイノ合同会社(以下、ゲキダンイイノ)は、2月2日(水曜日)から11日(金曜日)の間、神戸三宮駅周辺において「神戸三宮『えき≈まち空間』における新型モビリティ活用実証実験」を実施します。
 神戸市では、「三宮周辺地区の『再整備基本構想』」※1(2015年9月)及び「神戸三宮『えき≈まち空間』基本計画」※2(2018年9月)の実現を目指し、「三宮クロススクエア」等の人と公共交通優先の空間の創出や乗り換えの円滑化、回遊性の向上や都心部のにぎわい創出等に向け、三宮周辺地区の再整備を推進しています。
 その一環として、まちの回遊性の向上や滞在機能を強化させるため、歩行者と共存する新たなモビリティの導入やモビリティスポット※3の実現を目指しています。
 神戸市、関西電力、ゲキダンイイノは、2021年11月に「神戸三宮『えき≈まち空間』モビリティ活用検討協議会」を立ち上げ、ウォーカブルなまち※4の実現に向けた検討を進めています。
 今回の実証実験を、都心三宮でのモビリティ活用のスタートラインとして、将来的な導入に向けて継続的に検討を進めてまいります。

1.実施概要

(1)低速小型モビリティ(RODEM)の歩道内走行及びモビリティスポットの設置検証
   (国土交通省「道路に関する新たな取り組み現地実証実験」の採択事業)
   〇期間 2022年2月2日(水曜日)から11日(金曜日)
       11時00分から17時00分
   〇場所 三宮中央通り(別紙1参照)

(2)新型自動走行モビリティ(iino type-S712)の走行検証
   〇期間 2022年2月2日(水曜日)から3日(木曜日)
       11時00分から17時00分
   〇場所 三井住友銀行神戸本部ビル前(別紙1参照)

2.モビリティ試乗体験者の募集

本実験において、モビリティに試乗体験していただく方を募集いたします。
(雨天中止)
申込サイト:https://kobecity-official-event.jp/form/2495(外部リンク)
申込時期:2022年1月22日(土曜日)9時00分から参加前日17時00分

3.実施体制

主催:神戸三宮「えき≈まち空間」モビリティ活用検討協議会
  (構成員)神戸市/関西電力株式会社/ゲキダンイイノ合同会社
  (オブザーバー)国土交通省/兵庫県警察本部/三宮中央通りまちづくり協議会
協力:株式会社三井住友銀行(実験場所提供)

4.添付資料

別紙1:実施概要書(PDF:1,060KB)
別紙2:フライヤー(PDF:1,934KB)

※1:神戸の玄関口である三宮周辺地区について、民間活力の導入を図りながら、魅力的で風格ある都市空間を実現すべく策定した基本構想
※2:「三宮クロススクエア」をはじめとする公共施設の計画や、民間施設に期待される機能や設えなどについて、官民共通の具体的な目標像及びその実現に必要な取り組みを示すことを目的とした計画
※3:単なるモビリティの乗降場に留まらない、「情報発信」、「休憩施設」、さらなる回遊を促す「結節機能」を備えた移動支援の拠点
※4:まちなかを車中心から人中心の空間へと転換し、人々が集い、憩い、多様な活動を繰り広げられる場へと改変することにより、人中心の豊かな生活空間を実現させるだけでなく、地域消費や消費の拡大、観光客の増加等、様々な地域課題の解決や新たな価値の創造につなげるまち

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

都市局都心再整備本部都心再整備部都心三宮再整備課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館6階