現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年2月 > 教職員の懲戒処分について

更新日:2020年2月28日

教職員の懲戒処分について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年2月28日)
神戸市教育委員会事務局総務部教職員課

教職員の懲戒処分について

本市の教職員による不祥事件につきまして、処分を行いましたので、ご報告いたします。
このたびの不祥事件により、児童生徒、保護者をはじめ市民の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫びいたします。
服務規律及び綱紀粛正の徹底を図るとともに、不祥事件の根絶に向け全力を挙げて取り組んでまいります。

案件1 救護義務違反の件

(1)被処分者 神戸市立中学校(兵庫区) 教諭 (男性・45歳)
(2)処分内容 減給10分の1・1月
(3)処分年月日 令和2年2月28日
(4)処分理由 法令を遵守すべき教職員の立場でありながら、自ら運転する自家用車で人身事故を起こしたのみならず、道路交通法に定める救護義務に違反し、適切な対応を行わず、警察に逮捕されることとなった。

案件2 パワーハラスメントの件

(1)被処分者 
 ①教諭(男性・40代)
 ②臨時講師(男性・30代)
(2)処分内容
 ①減給10分の1・3月
 ②戒告
(3)処分年月日 令和2年2月28日
(4)処分理由 法令を遵守すべき教職員の立場でありながら、行き過ぎた指導及びパワーハラスメント行為に該当するなどの不適切な行為により、被害教職員のみならず、周囲の教職員を不快な気持ちにさせた。
(5)その他 管理監督責任として、校長(男性・50代)を「文書訓戒」、前校長(男性・50代)を「口頭訓戒」とした。

案件3 セクシュアルハラスメントの件

(1)被処分者 教諭(男性・40代)
(2)処分内容 減給10分の1・3月
(3)処分年月日 令和2年2月28日
(4)処分理由 法令を遵守すべき教職員の立場でありながら、同僚女性教職員に性的な発言、抱きつく、手を握る等のセクシュアルハラスメント行為を行った。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局総務部教職員課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階