現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > 令和4年度採用神戸市立学校教員採用候補者選考試験の改正

更新日:2021年3月10日

令和4年度採用神戸市立学校教員採用候補者選考試験の改正

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年3月10日)

1.改正の趣旨

 全国的に教員採用選考の受験倍率が減少するなか、本市の受験倍率は比較的高い水準を維持しているが、今後少子化の影響により、新規学卒者が減少することが見込まれることなど、採用環境が一層厳しくなることが予想される。
 公平性・公正性の観点を担保しながら、教員として必要となる資質・能力を備えた優秀な人材を安定的に確保するため、教員採用候補者選考試験について以下のとおり改正する。

2.主な改正内容

(1)第1次選考免除制度の変更

 令和3年度実施採用候補者選考試験から「第1次選考に合格し、第2次選考を有効に受験して不合格と判定された者」に対する第1次選考免除制度を以下のとおり変更する。

1免画像
  • 令和2年度実施採用候補者選考試験で「第1次選考に合格し、第2次選考を有効に受験して不合格と判定された者」については、令和3年度実施採用候補者選考試験に限り、従来の第1次選考免除制度を適用する。
  • 「育児休業代替任期付教員」における第1次選考免除制度については継続する。

(2)特例措置選考「臨時的任用教員」区分の要件緩和

 臨時的任用教員区分の資格要件の選択肢に、「神戸市立学校園にて臨時的任用教員としての勤務経験が直近2年間のうち通算1年以上あり、出願時においても勤務している者」を追加する。

  • 「直近3年間に、神戸市立学校園にて、臨時的任用教員として、通算2年以上の勤務経験を有する者」の資格要件の選択肢は継続する。
  • 「過去において国立大学法人附属学校園、公立学校園及び私立学校園の教諭(任用の期限を附さない常勤講師等を含む)として、継続して3年以上の勤務経験を有する者で、直近3年間に、神戸市立学校園にて、臨時的任用教員として、通算1年以上の勤務経験を有する者。ただし、過去の教職経験については、受験する試験区分及び教科と同一の教職経験に限る。」の資格要件の選択肢は廃止する

(3)加点制度の拡充

①小学校教諭普通免許状の所有者又は取得見込みの者への加点

 「中学校・高等学校教諭」区分の志願者のうち、志願教科に加え、小学校教諭普通免許状を所有又は取得見込みの者に対し、希望に応じて第2次選考の点数に6点(300点満点中)を加点する。

②複数免許の所有者又は取得見込みの者への加点割合の引上げ

 「中学校・高等学校教諭」区分の志願者のうち、志願教科に加え、「音楽・美術・技術・家庭」の中学校教諭普通免許状を所有又は取得見込みの者に対する加点を、1教科につき3点から6点(300点満点中)に引き上げる

(4)大学等推薦特別選考の変更

①推薦人数枠の拡大

 大学等推薦特別選考の推薦人数枠を1大学(または大学院、教職大学院)につき、試験区分・教科ごとに2名以内から3名以内拡大する。

②被推薦者要件の変更

 大学等推薦特別選考の被推薦者要件を『取得単位の内、「良以上、または100点満点で70点以上相当のスコア」が全体単位数の半分以上の者に限る』から『取得単位の内、「良以上、または100点満点で70点以上相当のスコア」が全体単位数の8割以上の者に限る』に変更する。

③対象教科に国語を追加

 大学等推薦特別選考の中学校・高等学校教諭区分の対象となる教科に、新たに「国語」を追加する。

(対象となる試験区分及び教科(現行):小学校(英語コース含む)、特別支援学校、中学校・高等学校(数学、理科、美術、技術、家庭))

(5)併願制度の廃止

 併願制度は全て廃止する。

(育児休業代替任期付教員の選考については、引き続き、正規教員の選考と併せて志願することが可能。)

(6)小学校教諭区分の第2次選考実技試験の廃止

 小学校教諭区分の第2次選考実技試験(水泳・器械体操)廃止する。

(7)新型コロナウイルス感染者等への救済措置

 第1次選考合格者のうち、新型コロナウイルス感染者及び濃厚接触者として指定されたことで、第2次選考を有効に受験できなかった者に対し、特例として翌年度の選考に限り、第1次選考を免除とする。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局総務部教職員課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階