現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年2月 > 懲戒処分の修正について

更新日:2021年2月8日

懲戒処分の修正について

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年2月8日)

懲戒処分の修正について

垂水区中学生自死事案に係る不適切な対応により懲戒処分を受けていた職員から、本市人事委員会に対して懲戒処分に対する審査請求が提出されていましたが、令和3年2月4日、「停職3月」とした原処分が「停職2月」に修正裁決されました。

1.原処分の概要

  1. 被処分者 学校教育課 首席指導主事 (男性・58歳(処分当時))(令和元年7月退職)
  2. 処分内容 停職3月
  3. 処分年月日 平成31年1月11日
  4. 処分理由

① 平成29年2月28日から3月6日の間において、垂水区中学生自死事案の当該生徒の遺族からの質問書に対して、当該メモ(平成28年10月11日に当該校で実施された6名の生徒に対する面談の際に作成されたメモ)の存在を否定する不実の回答を行うよう当該中学校長に対して指示した。

② 平成29年3月27日、神戸地方裁判所の証拠保全手続に際して、当該メモの存在を伏せる旨を当該中学校長に対して指示した。

③ 平成29年8月30日頃、当人に対する当該メモの存否に関する聞き取りにおいて当該メモの存在を否定する虚偽の説明を行った。

④ 平成29年9月6日、当人が行った前中学校長に対する事情聴取について当人から学校教育部長に対して、適切に報告がなされなかった。

2.裁決の主旨

  • 非違行為①及び②は、その態様は非常に悪質であり結果も重大であって、遺族や他の生徒・保護者、教育行政に大きな影響を与えるものであることから、原処分において「停職」としたことは違法とは解されない。
  • しかしながら、非違行為③及び④については、懲戒処分に値する独立した非違行為と認めることは相当ではないこと、他の関係者に対する処分内容との均衡を考慮すると、本件処分を承認することはできず、処分量定については、原処分の「停職3月」から「停職2月」に修正するのが相当である。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局総務部教職員課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階