ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年8月 > 教職員の懲戒処分について

最終更新日:2021年8月6日

教職員の懲戒処分について

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年8月6日)

本市の教職員による不祥事につきまして、処分を行いましたので、ご報告いたします。
このたびの不祥事により、児童・生徒、保護者をはじめ市民の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫びいたします。
綱紀粛正及び服務規律の徹底を図るとともに、不祥事の根絶に向け全力を挙げて取り組んでまいります。

処分案件1 同僚職員への不適切な行為

(1)被処分者 神戸市立中学校 教員(教諭・男性・42歳)

(2)処分内容 戒告

(3)処分年月日 令和3年8月6日

(4)処分理由

被処分者は、令和3年4月5日(月曜日)、夜間自宅にいた同僚女性教員に対し、電話口で声を荒げ、その後不在着信を7回繰り返した。
翌日、被処分者は、前日の当該女性教員の対応等を理由に、職場で無視する態度を見せ業務を滞らせた。
また、被処分者は、令和3年4月6日(火曜日)から令和3年5月28日(金曜日)にかけて平日休日を問わず、業務時間外に当該女性教員に対し一方的にLINEメッセージを48回送付するなどした他、令和3年4月10日(土曜日)の夜間、前触れなく当該女性教員宅を訪れインターフォンを押した。
この間、被処分者は事務局からこのような言動を慎むよう指導されていたにもかかわらず、引き続いて一方的なLINEメッセージの送付を繰り返していた。

処分案件2 体罰等

(1)被処分者 神戸市立小学校(垂水区) 教員(教諭・女性・53歳)

(2)処分内容 戒告

(3)処分年月日 令和3年8月6日

(4)処分理由

被処分者は、令和3年5月27日(木曜日)、被害児童に対し、クラスからの排除と解し得る言葉を発し、被害児童の机と椅子を教室から廊下に出し、2時間強に渡り被害児童を教師机の前に立ったままにさせるという体罰を行った。
また、その後、「この子どうする」とクラスの児童らに問いかけ、被害児童がクラスの児童らから辛辣な表現で一方的に批判される状況を招いた。

処分案件3 体罰

(1)被処分者 神戸市立夢野の丘小学校 教員(常勤講師・男性・66歳)

(2)処分内容 戒告

(3)処分年月日 令和3年8月6日

(4)処分理由

被処分者は、令和3年7月9日(金曜日)、被害児童から殴打されたことに対し、被害児童の左目付近を右拳で殴打する体罰を行った。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

教育委員会事務局総務部教職員課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階