現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年5月 > 異物混入事案への対応について (続報)

更新日:2021年5月24日

異物混入事案への対応について (続報)

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年5月24日)
市立青陽須磨支援学校の給食での異物混入事案への対応状況についてお知らせします。

1.発生時の概要

(1)発生場所

市立青陽須磨支援学校(須磨区西落合1-1-4)
児童、生徒数 299人

(2)発生日時

5月14日(金曜) 13時10分

(3)異物の概要

細長い金属片(約29㎜)

(4)発見状況

教員が喫食中、「ぶた肉のなんばんづけ」に金属片が混入しているのを発見した。教員は口に入れておらず、児童、生徒にも健康被害の報告はない。

2.調査結果

・給食の調理過程、教室の状況について調査・確認を行い、当該金属片及び給食室内の器具を構成する金属等について、検査機関において比較検査を行ったが、同一の金属を特定することはできなかった。なお、3月に混入した金属片とは別のものであった。

・食肉の加工工場に立ち入り調査を行ったが、金属探知機による検査が実施されており、加工工程、保管状況に問題はなかった。

3.再発防止の取り組み

・当該校において、保健所の指導のもと、給食室における食材の検収および取扱い、調理手順、使用器具等の確認を行うとともに、当該校の調理士に改めて衛生面及び調理作業に関する研修を行い、再発防止の徹底について指導した。

・当該校の配膳に携わる教職員等にも、衛生面での指導を行うとともに、教室の環境整備について指示を行った。

・調理前に食材に金属が混入していないことを確認するため、給食室にハンディタイプの探知機を導入した。

・神戸市学校給食会を通じて食材納入業者に製造工程と作業手順等、異物混入防止対策の徹底を指示した。

・食肉の納入事業者及び加工事業者に、食材の管理、衛生面での指導を行った。

4.給食の再開

・5月19日(水曜)に、当該校の保護者に調査結果及び再発防止策の取り組みを報告し、いただいた質問・意見に対して、5月21日(金曜)に回答を行った。

・本日、5月24日(月曜)より給食を再開する。

・本日は、教育委員会事務局職員が立ち合い、調理の状況を確認する。また再開後も引き続き、教育委員会事務局により定期的に衛生管理の指導を行い、徹底して安全性の確保に取り組む。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局学校支援部健康教育課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階