更新日:2020年8月28日

令和2年度学校給食食材の放射性物質検査

ここから本文です。

  • [令和2年6月16日]放射性物質検査結果を更新しました。

学校給食食材等の放射性物質検査は、平成24年1月から実施してきましたが、令和2年度は、次のとおり検査を実施いたします。

令和2年度の検査概要

検査実施時期・検査機関

令和2年4月から令和3年3月、神戸市環境保健研究所及び民間検査機関にて実施。

検査方法

ゲルマニウム半導体検出器を用いた、ガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析。

検査対象

  1. 原子力災害対策本部が定めたガイドラインを参考に、農産物・海産物等の食材を検査します。
    • (1)中央市場を経由している食材。
    • (2)中央市場を経由していない食材(加工品・乾物など)。
  2. 牛乳・牛肉を学期に1回検査します。

検査結果

検査結果は、随時更新します。

学校給食用食材の検査結果

検査食材 産地 検査日 測定結果(Bq/kg)
セシウム134 セシウム137
牛乳A (製造所:兵庫県) 6月15日 検出せず
(<4.99)
検出せず
(<3.82)
牛乳B (製造所:兵庫県) 6月15日 検出せず
(<4.99)
検出せず
(<3.30)
冷凍牛肉

岩手・宮城・栃木

(製造所:大阪府)

6月24日

検出せず

(<1.0)

検出せず

(<1.0)

冷凍牛肉

岩手・宮城・栃木

(製造所:兵庫県)

7月21日

検出せず

(<1.0)

検出せず

(<1.0)

牛乳A (製造所:兵庫県) 8月25日 検出せず
(<4.99)
検出せず
(<3.72)
牛乳B (製造所:兵庫県) 8月25日 検出せず
(<4.95)
検出せず
(<3.83)

「検出せず」とは検出限界値未満のことです。
()内の数字が検出限界値(検出できる最小の値)で、個々の検体によって変わります。

【参考】食品衛生法(昭和22年法律第233号)の規定に基づく食品中の放射性物質に関する規制値(Bq/kg)

放射性セシウムの基準値

食品群

基準値(Bq/kg)

飲料水

10

牛乳

50

一般食品

100

乳児用食品

50

放射性ストロンチウム,プルトニウム等を含めて基準値を設定

その他

神戸市近隣で基準値を超える食品の流通が確認される状況等の場合には、必要に応じて検査検体数を増やして対応します。

検査結果は、毎月全保護者に配布の「こんだて・学校給食だより」にも掲載します。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局学校支援部健康教育課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階