現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > 「今後の中学校給食における基本的な考え方」の決定

更新日:2021年3月24日

「今後の中学校給食における基本的な考え方」の決定

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年3月24日)

1.概要

中学校給食については、温かい給食による全員喫食制への移行に向けて、有識者や保護者代表等で構成している神戸市学校給食委員会において幅広く議論を行い、検討を進めていく予定です。
この度、本日の教育委員会会議において、「今後の中学校給食における基本的な考え方」を決定いたしましたので、下記のとおり、お知らせいたします。

2.今後の中学校給食における基本的な考え方

(1)全員喫食について
家庭弁当の持参を可としている現在の運用を改め、栄養バランスに配慮した給食を生徒全員に提供する「全員喫食制」に移行し、食育の一層の推進や家庭弁当の持参にかかる負担軽減を図る。

(2)提供方法について
生徒や保護者のニーズを踏まえ、現在のランチボックス方式を改め、温かい給食の提供や量の調整に対応できる方式に移行する。

(3)実施方式について
1.2の方向性を踏まえて、安全安心で温かい給食を安定的に提供できることを前提として、費用対効果や効率性などの観点から最適な方式を検討する。
なお、一つの方式に拘らず、学校施設の状況や地域特性なども踏まえたうえで、複数の方式を組み合わせることも含めて柔軟に検討する。

(4)移行時期について
この基本的な考え方をもとに具体的な調査検討に取り組み、令和3年の秋頃までに「全員喫食制への移行に向けた基本方針」を策定し、早期の移行を目指す。

<資料>
今後の中学校給食における基本的な考え方(PDF:136KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局学校支援部健康教育課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階