ホーム > くらし・手続き > 手続き・届出 > 住民票や戸籍等の証明書の請求 > 戸籍の附票の写し > 令和4年1月11日から附票の記載内容が変わります

令和4年1月11日から附票の記載内容が変わります

最終更新日:2022年1月11日

ここから本文です。

住民基本台帳法の一部改正により、令和4年1月11日から附票の記載内容が次の通り変更されます。

1.性別・生年月日が新たに記載されます。(省略はできません)

ただし、令和4年1月10日以前に除籍となっている方、すでに除票となっている附票には記載されません。

2.本籍地・筆頭者、在外選挙人情報(登録のある方のみ対象)の記載は原則省略して発行します。

記載が必要な方は、必ず申請書に記載、又は窓口にて職員にお申し付けください。ただし、第三者(附票に記載されている方や、その直系親族以外の方で正当な権利を有する方)からの請求については、利用目的を達成するために必要な場合のみに限定して記載します。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

行財政局住民課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階