ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年9月 > 第32回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰受賞団体の決定

最終更新日:2021年9月9日

第32回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰受賞団体の決定

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年9月9日)

第32回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰について、神戸市内から次の2団体が選ばれました。

1.神戸市内の受賞者

菅原通公園管理会(長田区)
明舞児童公園管理会(垂水区)

2.表彰式

令和3年9月25日(土曜)の第32回全国「みどりの愛護」のつどい(横須賀市文化会館(神奈川県横須賀市))の式典席上において行われる予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の感染が拡大し、開催できる環境が整わないことから取りやめになりました。

3.表彰の趣旨

花と緑の愛護に顕著な功績のあった民間団体に対し、その功績をたたえ、国民的運動としての緑化推進活動の模範として表彰されるものです。

菅原通公園管理会は昭和53年4月より活動を始め、現在20名の会員で元気に活動を行っています。主な活動として、公園の清掃、除草、樹木の手入れ、花壇の管理等を行っており、長田区の花であるサルビアをはじめ、季節の花々で公園をきれいに彩っています。特に、公園の清掃は月2回の定期活動の時だけでなく、荒天時以外はほぼ毎日行うなど日々の維持管理に努めています。
そのほか公園で実施される地震や火災に備えた防災訓練に参加し、阪神淡路大震災から26年経った今でも震災を風化させないように取り組むなど、美化活動や防災活動を通じて地域環境の向上に寄与しています。

明舞児童公園管理会は、平成8年より活動を始め、現在は会員数13名で活動を行っています。月に2回定例活動を行っており、樹木の手入れや花壇管理、草刈り、清掃等の美化活動を参加者全員で行っているとともに、常日頃から会員が自主的に清掃活動をしていることから、いつも公園がきれいな状態を保っています。
また、活動を通して会員の方々と利用者とのコミュニケーションが積極的に図られているため、近隣の子供連れの親子が安全に安心して遊べる公園となっています。
さらに、季節ごとに公園に関するトピックを掲載したニュースを作成して周辺住民に配布したり、公園内に生えているダイオウショウの松ぼっくりを使った工作会を開催するなど地域全体で公園に愛着をもってもらう取り組みを進めています。

4.全国受賞団体数

110団体

5.記者発表

国土交通省においては、令和3年8月27日に記者発表しています。

6.問い合わせ先

制度全般および本資料については
神戸市建設局公園部管理課
塩田 TEL 078-595-6453

菅原通公園管理会については
神戸市建設局西部建設事務所
平野 TEL 078-742-2424

明舞児童公園管理会については
神戸市建設局垂水建設事務所
谷崎 TEL 078-707-0209

上記以外の受賞団体については
国土交通省 都市局 公園緑地・景観課 緑地環境室
TEL 03-5253-8111(内線32962、32964)、FAX 03-5253-1593

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

建設局公園部管理課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸5階