現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年9月 > 「がんばろう神戸」25周年記念事業の開催

更新日:2020年9月8日

「がんばろう神戸」25周年記念事業の開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年9月8日)
建設局公園部管理課

1.趣旨

阪神・淡路大震災が発生した1995年シーズン、オリックス・バファローズ(当時:ブルーウェーブ)は「がんばろう神戸」のキャッチフレーズのもと、復興をめざす神戸市民のシンボルとしてペナントレースを戦い、悲願のパ・リーグ制覇を果たしました。

あれから25年を迎え、「がんばろう神戸」に対する当時の想いを風化させず、改めて市民で共有するとともに、今後も市民球団であるオリックス・バファローズとともに歩んでいくために、神戸市とオリックス野球クラブ株式会社が共同して記念事業を開催します。

2.事業内容

ほっともっとフィールド神戸で、令和2年9月15日(火曜)~9月17日(木曜)に行われるオリックス・バファローズの主催試合(対東北楽天戦)にあわせて開催します。

(1)球団OB選手等によるオンライントークショーの開催

1995年シーズンを戦った当時の選手等によるオンライントークショー<生配信>

①9月15日(火曜)16時00分~星野伸之氏

②9月16日(水曜)16時00分~藤井康雄氏+DJKIMURA氏

③9月17日(木曜)16時00分~大島公一氏

※いずれも20~30分程度を予定しています。

【配信アカウント】オリックス・バファローズ公式YouTube「BsTV」

<URLhttps://www.youtube.com/user/buffaloestv

(2)パネル展の開催

1995年当時の写真によるパネル展がんばろう神戸25周年記念事業の開催

日時:令和2年9月15日(火曜)~9月17日(木曜)の3日間

※当日の試合が雨天等で中止の場合、パネル展も中止となります。

場所:ほっともっとフィールド神戸球場外特設テント(総合運動公園駅前)

3.その他

オリックス・バファローズは、上記の3試合において監督・コーチ・選手が1995年当時のオリックス・ブルーウェーブの復刻ホームユニフォームを着用して戦います。

また、記念事業の開催にあわせて、東遊園地の花時計を「オリックス・ブルーウェーブ(がんばろう KOBE 25th)」のデザインに植え替えています。(9月下旬まで)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局公園部管理課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸5階