現在位置

ホーム > くらし・手続き > 年金・保険 > 国民健康保険 > 退職者医療制度

更新日:2019年11月1日

退職者医療制度

ここから本文です。

対象となる方は

次に該当する方は、退職者医療制度が適用されますので、必要書類及び印かんを用意して、住所地の区役所・支所または西神中央出張所へ届出をしてください。

65歳未満の国保に加入している方で、次の条件に該当する方とその扶養家族

本人

次の条件を全て満たす方

  • 平成27年3月31日以前に、国民年金以外の公的年金制度(厚生年金・各種共済年金等)の老齢厚生年金や退職共済年金の受給権を得た方(ただし、若年のためその年金が全額支給停止されている方を除く)。
  • その加入期間が原則として20年以上、または40歳以降の加入期間が10年以上あること。

扶養家族

次の条件を全て満たす方

  • 年金受給権者本人と同居している配偶者もしくは3親等内の親族(子や孫等)であること。
  • 年金受給権者本人の収入によって生活しており、年収が130万円未満(60歳以上の老年者または障害者は180万円未満)で年金受給権者本人より収入が少ない方。

こんなときは必ず14日以内に届出を

適用されるとき及び必要書類

年金証書に厚生年金や共済年金等の加入期間が記載されていない場合は、その加入期間の記載のある書類を併せてお持ちください。
退職者医療該当届の際に年金受給権者本人とその扶養家族の方のそれぞれの年収を届書に記載していただきます。

  • 年金証書を受け取ったとき→保険証・年金証書
  • 年金受給権者の被扶養者になったとき→保険証
  • 市内他区(支所)から転入したとき(須磨本区と北須磨支所間の転居を含む)→旧区の保険証・年金証書・転入先世帯の保険証(追加加入の場合)
  • 市外転入したときや他の健康保険をやめたとき→転出証明書・健康保険資格喪失証明書・年金証書

適用されなくなるとき及び必要書類

退職者本人に、退職者医療制度が適用されなくなったときは、被扶養者も同時に適用されなくなります。
年金受給権者・被扶養者が65歳になったときは届出は不要です。退職者医療に該当しなくなった時点で一般の保険証を郵送しますので、退職保険証をご返送ください。

  • 他の健康保険に加入したり転出により国保の被保険者でなくなったとき→退職保険証・健康保険資格取得証明書または転出届
  • 年金受給権者の被扶養者でなくなったとき→退職保険証(代わりに一般の保険証をお渡しします)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局高齢福祉部国保年金医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階