神戸市国保30歳健康診査

ここから本文です。

生活習慣病は、早い時期から予防したり、発見することが重要と言われています。
しかし、30歳代の方は、仕事や育児で忙しくてなかなか生活習慣病を発見するための健診を受ける機会がないのではないでしょうか。
そこで、神戸市国保では、神戸市国保に加入の30歳の方に無料の健診を実施することで、みなさまの健康管理に役立てようと、平成30年度から神戸市国保30歳健康診査を開始いたしました。

1 対象者

神戸市国保加入で、平成31年度に30歳になる方(平成1年4月1日~平成2年3月31日生)に対して、健診を受けるための受診券を送付しています。
※2月末日時点で神戸市国保に加入していた方に送付しています。2月末日以降に加入された方で受診を希望される場合は、神戸市けんしん案内センター(078-262-1163)までお申し込みください。

2 実施方法

(1)受診方法

  • ア 健診の申し込み
    対象の方には、神戸市国保30歳健康診査受診券を4月中旬に送付いたします。
    受診券が届きましたら、日程および受診場所(個別健診(指定医療機関)か集団健診)を選んで、電話で申し込んで下さい。
  • イ 健診を受診する
    保険証と受診券を持参の上、事前に申し込んだ受診場所にお越し下さい。
    【持ちもの】※健診当日に忘れると、受診できません
    • 保険証
    • 神戸市国保30歳健康診査受診券

注意)
採血があるので、検査前の一食(朝食または昼食)は抜いて受診してください。お薬を飲まれている場合は主治医にご相談下さい。

(2)利用者負担

無料

3 個別健診を受けられる医療機関

個別健診を受診できる各区の医療機関は、次のとおりです。

4 集団健診の日程・場所

各区ごとの健診日程・場所は、次のとおりです。

土曜・日曜・祝日に受診可能な集団健診は次の通りです。

5 検査項目

(1)基本的な健診

  • 問診
  • 身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)
  • 血圧測定
  • 脂質(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)
  • 肝機能検査(GOT・GPT・γ-GTP)
  • 血糖(空腹時血糖・HbA1c)
  • 尿検査(尿糖・尿蛋白・尿潜血)
  • 腎機能(尿酸・血清クレアチニン・eGFR)

(2)詳細な健診

  • 貧血検査
  • 心電図
  • 眼底検査

6 保健指導(メタボ予防30健康アドバイス)(無料)とは

保健指導(メタボ予防30健康アドバイス)は、神戸市国保30歳健康診査をお受けになった方のうち、生活習慣の改善で検査値を基準値内に戻せる可能性のある方を対象に、ご案内しています。

(1)どうして保健指導(メタボ予防30健康アドバイス)があるの?

神戸市国保30歳健康診査lは、心筋梗塞や脳血管疾患、糖尿病等、生活習慣病の要因となるメタボリックシンドローム(注1)に着目した健診です。生活習慣の改善による生活習慣病の発症と重症化の予防を目的とし、これらの病気の発症リスクが高い人を対象に保健指導(メタボ予防30健康アドバイス)を行います。

注1:メタボリックシンドローム:内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態のことです。

(2)どんなことをしてくれるの?

具体的には、健康のプロ(医師・保健師・管理栄養士等)から健診結果をもとにした食事や運動などの情報提供や健康相談を受けることができる機会です。
無料でご利用できますので、ぜひご活用ください!

生活習慣病等の予防によって皆様が自分らしく生活を続けられることを目指しています。ぜひとも保健指導(メタボ予防30健康アドバイス)をご利用ください。

(3)健康づくりに向けた生活を送っていただきたい方には

保健指導(メタボ予防30健康アドバイス)の対象の方以外でも、健康づくりに向けた生活を送っていただきたい方には、神戸市または委託事業者からの手紙・電話、保健師の訪問等により「健康教室」や「健康相談」をご案内します。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局高齢福祉部国保年金医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階