現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 組織・人事 > 組織から探す > 行財政局 > 行財政局の組織 > 行財政局 税務部 税制企画課 > AI電話「タクセル」による税の電話問い合わせ対応実証実験

更新日:2022年1月6日

AI電話「タクセル」による税の電話問い合わせ対応実証実験

ここから本文です。

概要

市民・納税者の利便性の向上とスマート自治体の実現を目指して、
AI音声技術を活用し、個人住民税に関する電話問い合わせへの24時間対応の実証実験を行います。

専用電話番号に架電し聞きたいことを話すと、タクセル
AI電話「タクセル」が音声で自動応答します。
みなさまからいただくお電話が、AI電話「タクセル」の
成長(精度向上)につながります。
ぜひ実証実験への参加・ご協力をお願いします。

目的

本実証実験は、株式会社サイバーエージェントの協力により、
同社のAI音声サービス「AI電話エージェント」を活用し、
個人住民税に関する電話問い合わせへの24時間対応を行います。
実証実験期間中は、利用者のご意見や反応を元に課題を把握し、
対応内容を日々改善していきます。

この実証実験を通して、年間約30万件ある市税に関する電話の
お問い合わせのうち、一般的・定型的なお問い合わせについては
AI電話等で自動応答を行い、職員は対話が必要なお問い合わせや
相談業務に注力する将来像を模索していきます。

実証実験への参加について

専用電話番号に架電し聞きたいことを話すと、タクセル(再)
AI電話「タクセル」が音声で自動応答します。


(1)実証実験期間:令和4年1月11日(火曜)~3月13日(日曜)

(2)利用可能時間:24時間利用可能です。土曜・日曜・祝日も
         ご利用いただけます。

(3)専用電話番号:050-3196-4508
(ナビダイヤルではありませんが、お客様ご契約の各電話会社所定の
通話料金がかかります。)

(4)AI電話「タクセル」が回答できる内容
〇所得・課税(非課税)証明書の取得方法や対象者等に関すること。
〇実証実験期間中に少しずつ回答できる内容が増える予定です。
※税額や収入・所得等の個人情報が必要なお問い合わせには
 回答できません。

(5)AI電話「タクセル」利用後、アンケートへご協力ください。
タクセルは皆さまのご意見を基に対応内容を日々改善していきます。
◆アンケート入力フォーム:https://www.city.kobe.lg.jp/a51458/aicallform.html
qrcode
      タクセル電話   女性電話               


参考

(1)「タクセル」の由来
「TAX(税)+TEL(電話)」の意味と「(人から機械に)託する」の意味が込められており、税務部職員有志の電話業務改革プロジェクトチームから生まれました。

(2)AI電話エージェント概要
〇サービス提供事業者
株式会社サイバーエージェント
本社所在地:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町40番1号AbemaTowers
代表者:代表取締役 藤田 晋

〇他の自治体での導入事例
(ア)東京都多摩市 コロナワクチン接種予約
(イ)三重県    コロナワクチンに関する問い合わせ
(ウ)福井県    道路交通規制に関する問い合わせ
(エ)山形県山形市 マイナンバーカード交付受け取り予約
(オ)大阪府守口市 ごみの分別および収集日の案内
※税分野での導入事例は、神戸市の取り組みが全国初。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

行財政局税務部税制企画課 

〒653-8762 神戸市長田区二葉町5丁目1-32 新長田合同庁舎3階