現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表2020年9月 > 生活保護関係書類の誤送付による個人情報の漏えい

更新日:2020年9月24日

生活保護関係書類の誤送付による個人情報の漏えい

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年9月24日)
1.概要
 当課の生活保護事務センターの業務として、過去に生活保護を受給していた世帯の債権管理のため、未納債権を有する方に催告状を発送したところ、令和2年9月23日(水曜日)に、催告状を受け取った方から、別人の督促状が混入している旨の連絡を受け、誤送があったことが判明しました。
 このため、生活保護の債権に関する個人情報(1名分)が第三者(1名)に漏洩しました。
 関係者の方々に大変ご迷惑をおかけしたことについて、深くお詫び申し上げます。

2.個人情報の内容
 氏名、生活保護の未納債権の額

3.誤発送の原因
 催告状の姓と督促状の姓は同じであるが、全く別人のものを、同一人物宛ての郵送物として誤認、同封して送付してしまったもの。

4.対応
 9月23日に、今回の誤送付の連絡をいただいた方、督促状が送付されなかった方のお二人に謝罪をしました。今後、誤送付した督促状を速やかに回収するとともに、改めて督促状を送付しなおす予定です。

5.再発防止について
 催告状と督促状送付の事務の流れを見直し、チェック体制を強化し、再発防止に努めます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局保護課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館5階