現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年11月 > 「港神戸の発展に貢献した総合商社の源流・鈴木商店」講演会参加者募集

更新日:2019年11月1日

「港神戸の発展に貢献した総合商社の源流・鈴木商店」講演会参加者募集

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年11月1日)

~第3回目は「松方コレクションと鈴木商店」について講演会を開催します~

開港間もない明治7(1874)年に神戸で洋糖引取商として創業し、大正期には日本一の年商を誇ったものの、昭和2(1927)年に破綻した“幻の総合商社”鈴木商店。
港神戸の発展に貢献し、現在も続く多くの企業の源流となった鈴木商店の事業や魅力について、昨年度に引き続いて、様々な観点から、講演会を開催します。
第3回目の講演会の概要は、以下のとおりです。

金子直吉と松方幸次郎

金子直吉と松方幸次郎

1.日時

令和元年12月14日(土曜日)14時から15時(予定)

2.会場

神戸ポートオアシス5階503会議室(中央区新港町5番2号)

※駐車場(有料)には限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。

3.講師

小林 由佳氏(神戸新聞論説委員。地域経済、社会保障、教育問題などをテーマに社説やコラムを担当。2016年4月から紙面で1年間連載した「遙かな海路~巨大商社・鈴木商店が残したもの」の取材班に参加。)

4.講演概要

神戸の実業家で川崎造船所(現在の川崎重工業)の初代社長を務めた松方幸次郎は、大正期から昭和初期にかけて欧州各地で約1万点に及ぶ美術品を購入します。「日本人に本物を見せてやりたい」と美術品収集に情熱を燃やす松方を、盟友だった鈴木商店の大番頭・金子直吉は資金面も含め全面サポートします。戦争や恐慌など激動の時代に翻弄されたコレクションの歩みと鈴木商店が果たした役割について、新たに分かった史実を交えて紹介いたします。

5.参加料

無料

6.申込方法

下記の申し込み先に、電話でイベント名(「鈴木商店」講演会)と、参加者全員の住所・氏名・電話番号をお伝えいただくか、Webからお申込みください。

申し込みは、11月19日(火曜日)から先着順(80名)となります。

7.申し込み・問い合わせ先

神戸市イベント案内・申込センター

TEL:078-333-3372(受付時間:年中無休・9時から21時まで)

URL:https://kobecity-official-event.jp/form/807(外部リンク)

8.今後の予定

《講演会》2月15日(土曜日)北九州産業遺産と鈴木商店関門コンビナート

※今後の講演会については、改めて、参加者の募集を行います。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

港湾局港湾計画課 

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4丁目1-1ポートアイランドビル2階