現在位置

ホーム > ビジネス > 環境対策 > 産業廃棄物処理 > 使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)に基づく登録申請

更新日:2020年1月15日

使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)に基づく登録申請

ここから本文です。

自動車リサイクル法とは

わが国では、年間に約400万台の使用済自動車が発生し、国内でリサイクル・処理されています。もともと、使用済自動車は中古部品や金属回収の観点から価値が高く、従来から市場原理の中で自動車解体業者などによってリサイクル・処理が行われてきました。一方、産業廃棄物の最終処分場の逼迫により、使用済自動車の処理の最終工程で発生するシュレッダーダストの処分費が高騰しているため、不安定な鉄スクラップ価格の影響等を受け、現在のリサイクル・処理システムがうまく機能せず、不法投棄などの懸念も生じる恐れがあります。また、処理には専門技術が必要なエアバッグ類を装着した自動車も増えてきました。こうしたなか、シュレッダーダスト、エアバッグ類、カーエアコン用フロン類の、3品目の引取りとリサイクル・適正処理を自動車メーカーや輸入業者に義務づけることにより、既存のリサイクル・処理システムを健全に再生させるとともに、環境保全を一層進める目的で成立したのが使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)です。

引取業及びフロン類回収業の登録とは

使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)に基づき、使用済自動車の引取業又はフロン類回収業を行おうとする事業者は、当該業務を行おうとする事業所の所在地を管轄する都道府県知事、又は政令市の区域毎に登録を受ける必要があります。

兵庫県内においては事業所の所在地により、それぞれ兵庫県知事、又は保健所設置市(神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市)の登録を受けることとなります。

神戸市の登録後、自動車リサイクルシステム事業者情報登録センターにも申し込む必要があります。

神戸市内における自動車リサイクル法の登録業者

自動車リサイクル法に基づく登録業者は、自動車リサイクルシステム事業者情報登録センターにも申し込む必要があることは先ほど述べたとおりですが、こうして登録された事業者の一覧は、自動車リサイクルシステムから関連事業者情報システムをクリックし、(1)業の選択、(2)自治体の選択、を選択後、検索をクリックすることにより、確認できます。

解体業及び破砕業について

解体業及び破砕業については、施設設置等の手続きが必要ですので、下記までお問い合わせ下さい。

  • 自動車リサイクル法担当:078-595-6191

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

環境局事業系廃棄物対策部  

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 2階