現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表2021年12月 > 神戸市立渚中学校「防災オリンピック」

更新日:2021年12月3日

神戸市立渚中学校「防災オリンピック」

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年12月3日)
新型コロナウィルス感染症感染拡大防止の観点から、従来の形でのトライやる・ウィーク実施が難しい中、神戸市立渚中学校では新しい形での取組を試みています。今年度「新たな神戸の防災教育推進事業、実践研究校」(※1)に指定されている渚中学校は、様々な防災に関する専門家を学校に招き、12の班に分かれて体験談などの講話や実習、インタビューを行い、学びを深めてきました。
これまで深めてきた学びの成果を競うことで生徒の学習意欲を向上させるとともに、災害から身を守る知識や技能、命の大切さを学ぶため「防災オリンピック」を開催します。
※1:毎年神戸市立全学校園から11校園が指定され(中学校はうち4校)、防災教育カリキュラムの開発や、地域と連携した防災学習の提案等、防災教育に関する取組を実践研究している。研究の成果は、動画配信・紙面発表・授業公開等を通して神戸市の学校園に発信し、各学校園の防災学習改善につなげている。

 

1.「防災オリンピック」実施日


12月10日(金曜日)リハーサル8時50分~9時10分、前半9時20分~11時50分、後半12時30分~15時00分

2.連携した専門機関等

自衛隊兵庫地方協力本部、国土交通省、防災ミュージシャン「BloomWorks」、気象庁、兵庫県栄養士会、神戸市消防局、被災地NGO恊働センター、
看護師、災害医療センター、市民救命士、多言語センターFACIL、兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科教授、なぎさ防災福祉センター、
人と防災未来センター

3.活動内容

・当日は、12グループがそれぞれ学んだ内容をもとに考案した種目(イベント・ゲーム)のブースを運営。各グループで運営側(出題者)と参加側(選手)に分かれ、前後半で入れ替わる形で行い、全グループで学びの共有を図る。

4.その他、防災学習に関する取組

・「人と防災未来センター」と地域で企画した訓練イベント「ALLHAT2021」で作られた防災施設をまわるクイズラリーのMAPをもとに校区内で街歩きを行い、防災体制を学ぶ。
・学習内容を掲示物としてまとめ、象徴となるピクトグラムも考案する。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局学校教育部学校教育課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階