ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 神戸市のDX > スマートシティ > BeSmartKOBEプロジェクト(最先端技術の導入支援) > 令和3年度事業~AI・IoTを活用した新規デジタルサービス創出支援~

令和3年度事業~AI・IoTを活用した新規デジタルサービス創出支援~

最終更新日:2022年5月17日

ここから本文です。

 神戸市では、令和元年度より最先端技術やデータを有する事業者からの提案を募集し、本市が市内での技術実証・実装を支援する「Be Smart KOBE」プロジェクトを実施しています。

 令和3年度は、今後構築を予定している「神戸市スマートシティポータルサイト」を通じた新たな市民向けデジタルサービスの創出を目的に、AI・IoT等を活用して社会課題解決を目指す事業者を公募し、人間中心の目線で課題を解決する「Human×Smart」な都市づくりを目指しています。

 

1.募集概要

(1)募集事業の要件

 ①本市のスマートシティ推進に向けた取組みとの連携を図れる事業であること

 ②神戸市が目指す都市像、まちづくりの実現に向けた実施計画や基本目標を踏まえること

 ③新型コロナウイルス対策の観点を踏まえること

 ※詳細は募集要項を参照

(2)支援内容

①事業費の補助

「Be Smart KOBEプロジェクト補助金交付要綱」に基づき、令和3年度の事業遂行にかかる費用の一部を市が補助します。

 【補助上限】200万円/事業(選考により、事業ごとに補助上限額を決定)

補助金額は、事業者として決定された日以降において、事業の遂行にかかる経費の1月2日以下の範囲とします。

 

②事業実現に向けた支援

市と連携協定を締結している企業や市の関係機関、他の応募事業者など、様々な事業者との連携にかかる調整・相談等の支援を行います。

 ※神戸市における公民連携に係る情報提供・情報発信等を一元的に行う神戸市公民連携ポータルサイトを新たに開設しています。連携協定締結事業者等の情報については以下URLをご参考ください。

 ◆神戸市公民連携ポータルサイト:https://kobeppp.jp/

③広報支援

当該事業に対し、市の媒体等を活用した広報支援を行います。

 

2.選定結果

20事業者22件の応募があり、7事業者7件を事業実施候補者として選定しました。

令和3年度「Be Smart KOBE」プロジェクト 事業者の選定結果 ~AI・IoTを活用した新規デジタルサービス創出支援~

3.実証事業の実施結果

各事業者の実証事業の実施報告書は以下よりご覧いただけます。
 
  1. 特定非営利活動法人アイ・コラボレーション神戸(PDF:1,431KB)
  2. トッパン・フォームズ株式会社(PDF:909KB)
  3. 阪神ケーブルエンジニアリング株式会社(PDF:1,551KB)
  4. 日本電気株式会社(PDF:911KB)
  5. 株式会社ロケットバッテリー(PDF:550KB)
  6. ためま株式会社(PDF:1,595KB)
  7. 株式会社ワイズ・リーディング(PDF:413KB)

 

《関連施策情報》

◆KOBEスマートシティ推進コンソーシアム

市民向けポータルサイト「スマートこうべ」(外部リンク)
 参考動画(外部サイト):https://www.youtube.com/watch?v=-ZDchf7s_58

六甲山上スマートシティ構想
 参考動画(外部サイト):https://www.youtube.com/watch?v=dZ-ePXqvsCE

◆神戸2025ビジョン

◆神戸市withコロナ対応戦略

◆神戸市公民連携ポータルサイト(外部サイト):https://kobeppp.jp/

お問い合わせ先

企画調整局政策課