ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年4月 > ネットパターンを見える化した、子ども向けの教材を試行開発~ネット・スマホの使い過ぎから、子どもたちを守りたい~

最終更新日:2022年4月15日

ネットパターンを見える化した、子ども向けの教材を試行開発~ネット・スマホの使い過ぎから、子どもたちを守りたい~

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年4月15日)
官民協働の課題解決プロジェクト「Urban Innovation KOBE」でマッチングした、(株)Inner Sustainabilityとともに、子どもたちがネットパターンを楽しく学ぶ教材の試作開発を行いました。

1.実証概要

 近年、子どもたちを取り巻くネットの利用環境は大きく変化しており、神戸市内の子どもたちの家庭での過ごし方も、ネットを経由したコミュニケーションやゲームに多くの時間を充てるようになってきています。
 ネットサービスには、サービスの入会のしやすさ、サービス利用時間・頻度の最大化、サービスの退会のしにくさといったユーザーに長く使ってもらうために慎重に作られたネットパターンが意図的に組み込まれており、ネットやスマホに意図せず時間を使いすぎてしまう要因の一つです。
 今回の実証実験では、子どもたちのネット・スマホの使い過ぎを防ぐため、利用者に優しいサービスデザインを進めるため教育・リサーチ・組織変容の伴走を行う(株)Inner Sustainabilityと協働し、イラストを交えてネットパターンを見える化することで、子どもでも分かりやすくネットパターンを学ぶことができる教材作りに取り組みました。

2.会社概要

企 業 名:(株)Inner Sustainability
代 表 者:今村 桃子
住 所:東京都渋谷区神宮前6丁目23-4桑野ビル2階

プロジェクトリーダー:今村 桃子 氏
今村氏

アートディレクター:林 季里 氏
林氏

3.教材概要

 学校の授業で使用することを想定した、子どもたちがネットパターンを楽しく学ぶ、パターンカード・ワークシート・教員向けの授業マニュアルを試作開発しました。
試作教材

(基本の使い方)
 試作教材は50分間の授業での使用を想定していますが、組み方次第で時間の調整もでき、ワークショップやグループワーク等に活用することも可能です。
 30種類のパターンカードから、子どもたちに自身がネットを使う中で身に覚えのあるパターンカードを選択してもらい、グループ毎に選択したカードについて話し合い、発表し合うことで、ネットパターンへの理解を促します。
(カテゴリーを利用した応用)
 また、ネットパターンを時間・お金・選択・ソーシャル・要注意の5パターンにカテゴライズしており、応用的な使い方として、カテゴリー毎に深掘りして議論してもらうことも可能です。

4.開発に向けた実証

(1)静岡市での実証(令和4年3月2日実施)
 中学1年生約90名を対象に今村氏が授業を実施。授業後に生徒や教員から出た意見を試作教材に反映しました。

(2)神戸市での実証(令和4年3月17日実施)
 試作開発したパターンカード・ワークシート・教員向けの授業マニュアルを使用し、神戸市立渚中学校の原田先生が中学校3年生の生徒16名に授業を実施しました。
実証1 実証2

5.実証アンケート結果

 実証では、子どもたちに教材に関するアンケートを実施。
 約8割の人がためになった、6割以上の人が楽しかったと回答しました。
グラフ1 グラフ2

6.試作教材の配布・今後について

 神戸市立の学校に今回開発した試作教材を期間限定で配布します。
 総合学習の時間等に本教材を活用することにより、ネットやスマホの利用について子どもたちが学び、考え、自らの行動を見直すきっかけをつくります。
 また、授業後のフィードバックによる教材のブラッシュアップを行いながら、さらなる普及を促進していきます。

7.関連リンク

〇スマートスマホ都市KOBE
https://www.city.kobe.lg.jp/a47946/shise/kekaku/kikakuchosekyoku/kobesumahoforum.html

(参考)Urban Innovation KOBEとは
 柔軟な発想や優れた技術力を持つスタートアップと社会・地域課題を詳しく知る市職員が協働して最適な解決手法を見出し、サービスとして構築・実証までを支援する、国内自治体で初めての取組み。神戸市が抱える課題テーマを提示し、その課題解決を目指すスタートアップやエンジニア、NPOなどを広く公募。選考により選ばれたチームと市の担当職員が協働開発を行い、市民によるテスト利用や市役所業務の中での試行導入、実証実験を通じて、本当に活用される新たなサービス開発を目指す。
https://urban-innovation-japan.com/

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局政策課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階