現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年10月 > ~多様な働き方とワーケーションに係る補助制度~「コワーキングスペース開設支援事業」の第2回目の公募を開始します

更新日:2021年10月21日

~多様な働き方とワーケーションに係る補助制度~「コワーキングスペース開設支援事業」の第2回目の公募を開始します

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年10月21日)
コロナ禍において、テレワークやリモートワークなどの新しい働き方が急速に普及するとともに、自然豊かな里山や農村地域などで生活する新たなライフスタイルが注目されています。このような多様な働き方やライフスタイルを応援し、関係人口の創出・拡大を図る目的で、コワーキングスペース(注1)やワーケーション(注2)のための拠点設置に対する補助制度である、「コワーキングスペース開設支援事業」について、第2回目の公募を開始します。
市内にお住まいの方の多様な働き方を応援し、ワーケーションの推進につながる、魅力的な拠点整備をお考えの皆様のご応募をお待ちしています。
(注1)コワーキングスペース:テレワークなどの柔軟な働き方をする利用者が、自宅や会社以外で、仕事を行う共同型オフィス
(注2)ワーケーション:仕事と休暇を並行して行う新たな働き方

1.補助対象・対象エリア

補助対象の申請区分は下記の(1)及び(2)です。いずれかを選択してください。

(1)ワーケーション拠点型

対象:ワーケーション参加者が、働きながら仕事以外の時間で観光資源やアクティビティに触れられるような拠点となる場所の整備
エリア:市内観光地(新神戸、神戸空港、北野、六甲、有馬、須磨、里山地域等)

(2)市街地・郊外型

対象:主に地域住民がテレワークなどで利用する場所の整備
エリア:市内の駅周辺(三宮、西神中央、名谷、垂水、六甲アイランド等)

2.対象事業者

新たにコワーキングスペースを開設し、3年以上継続して運営する予定の下記事業者
(1)飲食事業者(カフェ、レストラン運営事業者等)
(2)宿泊事業者(ホテル、旅館事業者等)
(3)コワーキングスペース開設に十分なスペースを確保できると市長が認める事業者(スタートアップ、観光事業者、商業施設運営、ビルオフィス事業者等)

3.対象経費

コワーキングスペースやワーケーションのための拠点の設置に要する経費の一部を補助します。令和3年度中に支出する下記の(1)及び(2)の経費を対象とします(併用可能)。
(1)建物改修費
①対象
コワーキングスペース開設にあたり必要となる改修に要する費用
②補助金額
補助対象経費の2分の1、上限100万円

(2)その他経費
①対象
ア)通信回線開設料
・新たに通信回線を開設する際に必要となる初期費用及び工事費用
イ)事務機器取得費
・コワーキングスペース開設にあたり必要となる事務機器(OA機器、机、いす、什器備品、キャビネット等)
ウ)にぎわい創出・交流推進費
・拠点施設を紹介するパンフレットの作成やイベントの開催、システム構築等、にぎわいづくりや交流推進に資する費用(ただし、飲食費は除く)
②補助金額
補助対象経費の2分の1、上限100万円

4.募集期間

令和3年10月21日(木曜)から11月19日(金曜)17時30分まで

5.その他

応募・選考方法や注意事項等、詳細につきましては下記のページをご覧ください。
https://www.city.kobe.lg.jp/a47946/shise/kekaku/kikakuchosekyoku/sousei/kankeijinko.html

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局政策調査課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階