現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > オープンデータ推進に向けた匿名化の実証実験を実施

更新日:2021年3月16日

オープンデータ推進に向けた匿名化の実証実験を実施

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年3月16日)

  神戸市は、株式会社日立ソリューションズ(以下、日立ソリューションズ)とともに、オープンデータの推進に向けて、より価値の高いデータ提供を可能にするため、統計情報から作成したサンプルデータを使用し、個人を特定できないように匿名化する実証実験を行い、分析への使用の有用性を確認しました。

1.背景

 一般的に、集計された統計情報より1件1行の個票形式の方が分析に適していますが、個人を特定できない状態に匿名化することは時間的、技術的に困難な状況でした。そこで、日立ソリューションズの匿名化技術により、統計情報から作成した個票形式のデータに匿名化を施し、匿名化後のデータを利用して分析した結果が、匿名化前のデータを利用して分析した結果と比較して、分析精度に影響がないことを検証することになりました。

2.実証実験

(1)実験内容
①目的
匿名化後のデータを利用して分析した結果が、匿名化前のデータを利用して分析した結果と比較して、割合などの傾向を把握するのに十分な精度であることを確認する。
②匿名化の内容
全く同じ属性を持つデータが5件以上存在するようにデータを変換
③実験に使用したデータ
住民基本台帳に基づく統計情報から作成した個票形式のデータ
④利用したデータ項目
年齢、性別、国籍、住所(町丁目)など10項目
⑤匿名化作業(イメージ)
image1

image2

(2)実証実験で確認した結果
匿名化したデータは、住民基本情報の分析において、年齢別構成比や小地域の男女別構成比などの傾向を確認するには十分な精度でした。
(参考資料:別紙1参照(PDF:593KB)
なお、今回の実証実験で匿名化を行ったデータの1つについて、より活用しやすい統計情報として全く同じ属性を持つものを集計し、オープンデータとして公開しました。
神戸市オープンデータサイト(外部リンク)

参考

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局政策調査課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階