現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年2月 > 「スマートスマホ都市KOBE」フォーラムの開催

更新日:2021年4月20日

「スマートスマホ都市KOBE」フォーラムの開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年2月24日)

市内小中学生と神戸市長が真剣(ガチ)トーク
「スマートスマホ都市KOBE」フォーラムの開催
~コロナ禍の今、ネットとのスマートなつきあい方を考える~

 スマートスマホ都市KOBEフォーラム近年、子どもたちを取り巻くネットの利用環境は大きく変化しており、神戸市内の小中学生の家庭での過ごし方も、ネットを経由したコミュニケーションやゲームに多くの時間を充てるようになってきています。さらに、今般のコロナ禍により、子どもたちのネットやSNS等の利用は更に増えていると想定されます。
 子どもたちがコミュニケーションツールやテクノロジーに振り回されるのではなく、これらを上手に使いこなしながら快適なコミュニケーションを図り、自分らしく伸び伸びと生活を送ることのできる環境の実現に向け、子どもたち自身と、保護者・学校・企業・行政など子どもたちを取り巻く関係者が今何をすべきか、子どもたちが議論し、今後の取り組みを提案する、「スマートスマホ都市KOBE」フォーラムを開催します。

1.「スマートスマホ都市KOBE」フォーラム開催概要

(1)日時
 令和3年3月7日(日曜日) 13時00分~16時00分
 新型コロナの感染状況を踏まえ、中止することがあります。

(2)視聴方法
 オンライン配信、登録不要、参加無料
 https://www.city.kobe.lg.jp/a89138/shise/kekaku/kikakuchosekyoku/kobesumahoforum.html
 上記ページに、当日開催時刻までに配信URLへのリンクを掲載します。
 また、中止情報についてもこのページで発表します。

(3)プログラム
 ネット利用実態調査の発表
 児童生徒の取り組み発表
 パネルディスカッション(児童生徒代表、神戸市長ほか)

(4)コーディネーター
 兵庫県立大学環境人間学部 竹内和雄准教授

(5)プログラム参加者
 児童生徒約40名(中学校4校、小学校1校)
 神戸市長、保護者代表、教員代表、兵庫県ユニセフ協会、LINE株式会社

2.取材方法

 報道関係者はイベント開催拠点のみなとがわホール(兵庫区荒田町1-21-1兵庫区役所2階)で取材が可能です。
 みなとがわホールでは3校15名程度の児童生徒が来場する予定です。(他の2校はオンライン参加の予定)
 ※会場内では必ずマスクを着用してください。また、当日、発熱や体調不良がある場合は、来場をお控えください。来場前に各自で検温など体調のチェックをお願いいたします。

3.子どものネット利用の状況(参考)

 ・小学生(4~6年)のスマホ所持は3割程度、中学生は8割近い
 ・ほとんどの子どもがネットを使用
 ・帰宅後の過ごし方では、ネットを一番長くする子どもが多い
 データ1 

 ・ネットを使って一番よくするのは動画視聴
 グラフ2

 ・4割強の子どもがコロナ休校前よりネット接続時間が長時間化
 グラフ3

 ・学年進行で依存傾向の子どもも増加
 グラフ4

 ・ほどよくネットを使う子どもが、一番生活満足度等が高い
 グラフ5

 ・ネット上の悪口等にはだんだん無関心に
 グラフ6

 神戸市「ネット・SNS等の利用アンケート」より
 ・対象 神戸市内小学生(4~6年生)625名、中学生1,420名
 ・実施期間 令和2年12月~令和3年1月
 ・分析 兵庫県立大学環境人間学部 竹内和雄准教授

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局政策調査課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階