現在位置

ホーム > 記者発表2019年11月 > 令和元年度 神戸市高齢者介護士認定証授与式等の開催について

更新日:2019年11月5日

令和元年度 神戸市高齢者介護士認定証授与式等の開催について

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年11月5日)
介護保険課

 神戸市独自の認定制度である「神戸市高齢者介護士認定制度」の令和元年度神戸市高齢者介護士認定証授与式及び、認定受賞者・認定試験合格者と関係者の意見交換会を下記の通り開催いたします。

 

◆神戸市高齢者介護士認定制度とは◆

 「神戸市高齢者介護士認定制度」は、介護職員の意欲向上と社会的評価の向上、介護サービスの質の向上及び介護人材の安定的確保のために創設された神戸市独自の認定制度で、神戸市介護サービス協会(※)が実施しています(本市も連携・協力)。平成23年度~平成30年度の間に、延べ241名に認定証が授与されています。

 今年度より、高齢者介護士認定制度合格者に対し、介護福祉士国家資格取得支援として月額1万円のキャリアアップ支援金を支給する制度を開始したこともあり、今年度の受験者数は74名(昨年比48名増)、合格者は66名(昨年比44名増)となりました。

◆開催日時◆

令和元年11月12日(火曜)

・意見交換会 14時から15時

・認定証授与式 15時20分から16時

・研修会 16時から17時30分

◆開催場所◆

・意見交換会:たちばな職員研修センター3階 研修室(神戸市中央区橘通4丁目4-2)

・認定証授与式、研修会:神戸市医師会館4階 大ホール(神戸市中央区橘通4-1-20)

 

◆内容◆

(1)意見交換会

 当認定試験合格者・神戸市高齢者介護士委員会委員・神戸市で、当該制度受験の動機や、受験後の感想、受講・受験により変化した仕事に対する意識等について、意見交換を行います。

 

(2)認定証授与式

 神戸市内に所在する高齢者施設・事業所において、3年以上5年未満継続して介護業務に従事している職員で、当該認定試験を合格し「3年で到達すべきレベル」と認められた者に対して、神戸市長名にて発行する神戸市高齢者介護士認定証を、保健福祉局長より受賞者へ手渡します。

 ・上記合格者66名のうち、28名が対象。

 

(3)その他

 神戸市介護サービス協会会員向けに、上記認定証授与式・意見交換会と併せて、全体研修会を開催します。

 ・テーマ「どこまですればいい?介護現場での感染対策」

   身近な感染症や、感染症に関する最新のトピック等から、介護従事者自身の感染症対策を振り返り、感染症への理解を深める。

・講師 神戸大学病院感染症内科 教授 岩田 健太郎 氏

 

※神戸市介護サービス協会とは

本市の介護保険制度の円滑な運営と市民ニーズに応えられる良質で安定的なサービス提供のため、介護保険施設やサービス事業者、市医師会等の介護保険制度に関連する7つの団体が協力して平成13年9月に設立した団体です。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局介護保険課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階