現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表2021年3月 > 認知症「神戸モデル」診断助成制度利用者アンケートの結果

更新日:2021年3月19日

認知症「神戸モデル」診断助成制度利用者アンケートの結果

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年3月19日)

認知症「神戸モデル」診断助成制度利用者アンケートの結果

認知症「神戸モデル」をはじめとする本市の認知症施策を推進するための参考として、診断助成制度を利用された方を対象に、制度を知った方法、受診動機や受診後の気持ち・行動の変化、さらに認知症や軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)と診断された後に利用したサービスや必要だと思う支援などついて把握するため、アンケート調査を実施しました。

実施方法

制度開始から約1年間(平成31年1月28日~令和2年1月31日)に診断助成制度を利用された方を、「認知機能検診(第1段階)を受診された方」(アンケート①)「認知機能検診を申し込んだが受診されなかった方」(アンケート②)の2グループに分け、そこから対象人数を抽出し、郵送により実施しました。

送付数

アンケート①:送付数1,000人(17,049人から抽出)

アンケート②:送付数300人(3,928人から抽出)

実施時期

発送:令和2年11月11日(水曜)

回答期限:令和2年12月11日(金曜)

回答数

アンケート①:回答数684人(回答率68.4%)

アンケート②:回答数179人(回答率59.7%)

主な設問と結果(上位3項目)

〇受診しようと思ったきっかけ(アンケート①、複数回答)

(1)物忘れや認知機能の低下が気になった(43.4%)

(2)自分の状態を知りたかった(43.0%)

(3)無料で受診できる(41.8%)

〇医療機関を選んだ理由

≪認知機能検診(第1段階)の医療機関≫(アンケート①、複数回答)

(1)かかりつけ医だから(49.7%)

(2)近所にあったから(39.3%)

(3)家族に勧められたから(9.8%)

≪認知機能精密検査(第2段階)の医療機関≫(アンケート①、複数回答)

(1)第1段階の医療機関からの紹介(41.1%)

(2)通院しやすい場所にあったから(39.6%)

(3)かかりつけ医だから(20.8%)

〇認知機能検診(第1段階)受診後の気持ちや行動の変化(アンケート①、複数回答)

(1)思ったより状態が良く安心した(37.6%)

(2)認知機能の低下が進まないような取り組みをしようと思う(35.8%)

(3)自分の状態が分かったのでそれに応じた対応ができる(34.4%)

※検診結果が「疑いなし」の方は①が最も多く、「疑いあり」の方は②が最も多い。

〇認知機能精密検査(第2段階)受診後の気持ちや行動の変化(アンケート①、複数回答)

(1)認知機能の低下が進まないような取り組みをしようと思う(52.6%)

(2)きちんと診断がついて良かった(48.5%)

(3)認知症の治療(薬の服用など)に取り組もうと思った(40.4%)

※検査結果が「認知症」の方、「MCI」の方ともに(1)が最も多い。

〇診断後に利用したサービスや制度(アンケート①、複数回答)

(1)介護保険などの介護サービス(53.5%)

(2)かかりつけ医での継続受診(40.6%)

(3)第2段階医療機関での継続受診(28.2%)

〇認知機能精密検査(第2段階)受診後の気持ちや行動の変化(アンケート①、複数回答)

(1)認知機能の低下が進まないような取り組みをしようと思う(52.6%)

(2)きちんと診断がついて良かった(48.5%)

(3)認知症の治療(薬の服用など)に取り組もうと思った(40.4%)

※検査結果が「認知症」の方、「MCI」の方ともに(1)が最も多い。

〇診断後の支援として必要だと思うもの(アンケート①②の合計、複数回答)

(1)相談窓口(59.6%)

(2)日常の見守り(45.3%)

(3)日常生活の援助(43.7%)

※検査結果が「認知症」の方は(3)が最も多く、「MCI」の方と「認知症でない」方は(1)が最も多い。

関連リンク

アンケート結果報告書(PDF:5,045KB)

認知症事故救済制度

令和2年6月以降に支給した見舞金(給付金)及び賠償責任保険の支給状況について

(1)件数 4件

制度創設後の支給累計 11件(見舞金5件、賠償責任保険6件)

(2)給付の種別等

  事案8 事案9 事案10 事案11
給付の種別 賠償責任保険 賠償責任保険 見舞金(財物損壊給付金) 賠償責任保険
事案発生日 令和2年10月29日 令和2年8月2日 令和元年9月頃 令和3年1月9日
給付額 14,300円 605,000円 36,300円 134,530円
事案の概要 入院中に、ベッドのナースコールを破損した。 トイレを紙でつまらせ、下の階まで汚水が漏水。階下のキッチン設備やトイレのクロス等が汚水で濡れて使用できなくなった。 隣の家の壁を鍵で傷つけた。 他人宅の鉄の門扉の取っ手(握り)を損壊した。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局介護保険課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階