現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年3月 > 【取材依頼】新型コロナによる活動自粛から高齢者を守る!「元気!いきいき!!体操」動画のPRにご協力ください!

更新日:2020年3月6日

【取材依頼】新型コロナによる活動自粛から高齢者を守る!「元気!いきいき!!体操」動画のPRにご協力ください!

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年3月6日)
保健福祉局高齢福祉部介護保険課

 本市では、高齢者の健康づくり、介護予防を推進するため、オリジナル体操「元気!いきいき!!体操」を作成し、地域の体操サークルなどに対してDVDを配布し、高齢者のみなさんで定期的に実施していただいています。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、現在、集団で集まる介護予防事業やグループ活動については、自粛していただいているところです。活動を自粛することで、新型コロナウイルス感染症などに感染する危険性は軽減されますが、一方で、閉じこもることによる運動不足や孤立からフレイル状態となる可能性が懸念されます。

 そのため、活動自粛期間も自宅で簡単な体操を行うなどして、フレイル対策に取り組んでいただきたいため、高齢者でも視聴できるよう、動画のPRにご協力をお願いします。

 なお、テレビなどで放送していただくことになれば、介護予防事業の参加者や高齢者に対して市が放送予定日時の情報提供をする予定です。

「元気!いきいき!!体操」 概要

 神戸市教育委員会が作成した挨拶ソング、「ほらつながった」という曲にあわせて、歌いながら行なうことで、筋力や持久力の向上だけでなく、脳トレーニングにもなり、フレイルを予防する効果が期待されます。体操の時間は約4分間です。

 既に神戸市のYouTubeでは公開していますが、なかなか高齢者ご本人に視聴していただけていないと感じています。

 

元気!いきいき!!体操URL:https://www.youtube.com/watch?v=_moRHBaVMM0

今できるフレイル対策

 フレイルの予防には、人との交流、運動、バランスのよい食事・お口のケアに取り組むことが重要です。

 自宅での体操のほか、人混みを避けて散歩をしたりして身体を動かすようにしたり、人との交流として、ご家族やお友達と手紙や電話、メールなどで頻繁に連絡を取り合ったりして、できるだけ孤立しないよう心がけ、フレイル予防に取り組んでいただきたいです。

※直接会うだけでなく、手紙や電話、メールなどで連絡を取り合うことも、他者との「交流」に含まれます。(日本老年学的評価研究(JAGES)研究成果より)

 このようなことも体操と併せて発信していただきたいです。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局高齢福祉部介護保険課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階