更新日:2019年11月1日

住宅改修助成事業

ここから本文です。

事業の概要

高齢者や障害者の身体状況にあった住みよい住宅を整備するため、ご自宅の改修費用の一部を助成します。

対象者は、介護保険の要介護認定で「要支援」「要介護」と認定された方および身体障害者手帳をお持ちの方です。ただし、生計中心者の前年分の所得金額が600万円(給与以外に収入がない場合は、給与収入で800万円)以下の場合に限ります。

支給限度額は100万円ですが、介護保険等の住宅改修費と一体的に利用していただきますので、限度額から20万円を控除した額が当事業の対象となります。改造箇所ごとに限度額があります。生計中心者の市民税、所得税の課税状況により、助成率が異なります。

事業の根拠

  • 神戸市住宅改修助成事業実施要綱

手続きの流れ

1 相談

介護保険の「要支援」「要介護」認定を受けた方は、お近くのあんしんすこやかセンターにご相談ください。

2 利用申請

住宅改修助成事業申込書に所定事項をお書きのうえ、あんしんすこやかセンター(身体障害者手帳をお持ちの方は、区役所)職員にお渡しください。

  • 住宅改修助成事業申込書(PDF:220KB)
  • 申込書のほかに、「住宅改修助成事業申込に関する調査票」、介護保険の要支援・要介護認定結果が分かるもの又は身体障害者手帳のコピー、世帯全員の「住民票」、生活保護世帯の場合「生活保護の適用証明書」、生活保護世帯以外の場合は、世帯全員の「市・県民税所得証明書」、所得税を証明する書類を提出してください。
  • 申請は必ず工事着工前に行ってください。
  • 神戸在宅医療・介護推進財団の専門チームが訪問し、調査を行います。

3 利用決定

  • 「住宅改修助成事業決定通知書」が交付されてから、工事に着工していただきます。事前着工された場合は、助成を行いません。

4 完了

  • 完了後、完了届ほか所定の書類を提出していただきます。
  • 検査後、助成金をお支払します。

審査のめやす

  • 神戸在宅医療・介護推進財団から、建築士、作業療法士等の専門チームが事前に訪問し、身体状況にあった工事かどうか審査します。

(参考)要支援・要介護認定をうけていない方

要支援・要介護認定をうけていない方を対象に、神戸市バリアフリー住宅改修補助事業の支給があります。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局高齢福祉部介護保険課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階