ホーム > 健康・医療・福祉 > 介護・高齢者福祉 > 認知症の人にやさしいまち > 認知症神戸モデル > 「神戸市認知症事故救済制度の運用支援業務」委託事業者の決定

「神戸市認知症事故救済制度の運用支援業務」委託事業者の決定

最終更新日:2022年1月25日

ここから本文です。

本市では、認知症になっても安心して暮らしていけるよう、平成31年より、診断助成制度と事故救済制度を組み合わせた、認知症神戸モデルを実施しています。
このたび、競争見積り合せにより、事故救済制度の運用支援業務の委託事業者が決定しましたのでお知らせします。

業務内容

(1)給付金制度運用のための保険契約
(2)賠償責任保険制度運用のための保険契約
(3)GPS安心かけつけサービス運用のための保険契約
(4)事故救済制度の運用支援業務
・専用コールセンター業務
・給付金支給に係る運用支援業務
・賠償責任保険制度の運用支援業務
・その他の運用支援業務

事業運用期間

令和4年1月18日から令和7年3月31日まで
※令和4年1月18日から令和4年3月31日までは準備期間
※令和4年度から令和6年度まで毎年度、委託契約を締結

選定方法

公募による競争見積合せ

競争見積り合せの結果

(1)委託事業者:三井住友海上火災保険株式会社
(2)採用した見積り金額:43,105,044円(消費税及び地方消費税を含む)
※給付金制度運用のための保険契約は令和4年1月末時点の神戸市の人口に基づき契約を締結するため(見積りは10月末時点)、実際の契約金額と若干の差異があります。
(3)見積書提出業者数:3社

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

福祉局介護保険課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階